まずは無料WEB体験 メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384


LINEで送る

story13 投資はキャツシュフローを理解してから

最後に、投資の世界にある大事な言葉に少し触れておきたい。
まず「キャッシュフロー」について。
キャッシュ=現金、フロー=流れ。簡単にいうと、「現金の収支」「お金の出入り」のことだ。
このキャッシュフロー計算書の作成が、上場企業に義務づけられたのは、2000年3月からだ。


この計算書は上場企業に限らず、ビジネスをするうえで大変重要なものだ。
僕がそんなことを知り得たのも、知識からではなく、実際に会社を経営しながら決算書やキャッシュフロー計算書を作ってみるという経験したからだ。
経験的にキャッシュフローがどういうものかを理解しておかないと、下手をすればすぐに倒産、それも「黒字倒産」を引き起こしかねない。


たとえば、ある会社が1月1日に1000万円の売り上げが立ったとする。でも、その売り上げを出すために、700万円(宣伝費=経費)をかけて広告を出していた。
これだけを見れば、会社の利益は300万円ということになる。
宣伝費700万円を支払う期日が、翌2月末日だとする。その日には現金700万円が用意されていなければならない。
問題は、2月末に売り上げの1000万円が手元に使える現金としてあるかどうかだ。


売り上げ代金1000万円の入金日はまちまちで、2月末日までにすべて入ってくるとは限らない。入金元の都合によっては3月末ということも、半年後ということもある。
会社の銀行日座に700万円以上の蓄え(預金残高)があれば、売り上げの1000万円は3月末の入金でも問題は起こらない。
そうでなければ、宣伝費の支払いやそのほかの支払いが間に合わない。結果、会社は支払い不能に陥ってしまう。


このように、売り上げとキャッシユフローが一致しなくなることがよくある。
会社の本当の状態を把握するには、会社の現金の流れ、つまリキャッシュフローに注目していなければいけない。
これは、学べばわかることのように思えるかもしれないが、実際に経験してみないことには、なかなか理解しづらい。


営業活動から稼ぎ出す「営業キャッシュフロー」や、固定資産や有価証券の取得・売却など将来の利益を生み出すための「投資キャッシユフロー」、それに「財務キャッシユフロー」といった、いろんなお金のやりくりが必要だからだ。
最低限、その仕組みをわかつていないとリスクは高く、金額が大きければ大きいほど、すぐに破綻してしまう。
実は、このキャッシュフローは不動産投資を実践するうえでとても重要でこれを理解できていないと投資しないほうがいいし、投資をしても資産は作れないと思う。


キャッシュフローや金利、レバレッジ(136ページ)といったお金についての知識、金融についての知識があるかないかは、投資による単純なプラスマイナスの計算と同じように、損得にかかわってくる。そのことを僕はフアイナンシャルアカデミーを設立して体験しながら学んだ。
当時の僕は、利回りという言葉さえ知らず、不動産屋で、「家賃×12カ月+不動産物件価格=年利回り」と説明されても、「なぜ、家賃を物件価格で割るんですか?」なんて質問していたくらいだ。


学ぶこと、つまり自己投資は決して高くつかない。
むしろ無知ほど高くつくものはない。お金について全く無知の状態から、不動産投資を始めた僕が言うのだからまちがいはない。
「自己投資は一番効率のいい投資先だよ。何をするよりもまず自分に投資すること、勉強すること、学ぶことに投資したほうがリターンはまちがいなく一番高いものになる」


ファイナンシャルアカデミーを起業するときに聞いた星さんの言葉を、僕はようやく実感できた。その後、不動産投資を始めた僕は、十数棟の不動産を所有し、豊かさを手にすることができたのだから。

お金の大事な話の著者
泉正人が監修した
お金の教養が身につく講座

毎月3,000名が参加 無料 お金の教養講座Plus 4時間 一気に深く!

お金の教養と、株式・FX・不動産の基礎知識を
まるごと学べる特別講座

  • お金との付き合い方と投資の基本について学べます
  • 人生に関わる大きなお金とその準備方法を学べます
  • 1日で集中して効率的に学びたい人におすすめです

著者プロフィール
泉 正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。 ファイナンシャルアカデミーグループ代表、 株式会社FLOC代表取締役、 一般社団法人金融学習協会理事長。


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年3月5日追記

3月5日(金)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、教室での開催時間の変更を2021年3月21日(日)まで延長いたします。
なお、講座開催にあたりましては引き続き、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、実施いたします。 取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

2021年2月2日追記

2月2日(火)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、教室での開催時間の変更を2021年3月7日(日)まで延長いたします。
なお、講座開催にあたりましては引き続き、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、実施いたします。

2021年1月8日追記

1月7日(木)に政府から発表されました「緊急事態宣言」を受け、1月8日(金)から2月7日(日)までの間、教室で開催するすべての講座において20時までに終了するようにいたします。これに伴い、一部の講座につきましては開催中止または開催時間の変更をさせていただきます。

2020年9月30日追記

9月11日(金)に政府から発表されました「11月末までの催物の開催制限等について」の内容を受け、10月1日(木)より感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室定員を緩和し、講座を実施いたします。

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、収録受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB体験セミナーを期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • スクールの申込み/講座内容/受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 無料体験セミナーの申込み/受講に関して

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る