ホームマネー用語集(あ行) 暗号通貨とは?(あんごうつうか)

暗号通貨(あんごうつうか)

セキュリティ対策として暗号理論を用いて取引の安全性の確保や新通貨発行などの統制をする通貨のこと。「Virtual Currency」または「価値記録」とも呼ばれる。
使われている暗号技術には公開鍵暗号、ハッシュ、その双方を用いた電子署名などがある。暗号通貨としてはビットコインが最も有名。
日本円や米ドルなど法律で価値が保証された通貨のことを法定通貨といい、暗号通貨は法定通貨の対義語として使われることが多い。

この用語に関連する講座はこちら

基礎から始めるビットコインセミナー

ビットコインの基礎から取引までを体系的に学べる

50音から探す

2分でわかる
ファイナンシャルアカデミー

「ファイナンシャルアカデミーってどんな学校?」「多くの受講生が成果を出している理由は?」など、ファイナンシャルアカデミーについて2分の動画でわかりやすく説明します。

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

無料体験セミナーの一覧を見る
ページトップへ