ホームマネー用語集(は行) 複式簿記とは?(ふくしきぼき)

複式簿記(ふくしきぼき)

簿記には「単式簿記」と「複式簿記」があります。一般的な家計簿のように、収入なら収入、支出なら支出だけを連続して記帳する方法のことを言います。一方、複式簿記は、一つの取引の動きをより詳細に記録するために、原因と結果をあわせて記述していく方法のことをいいます。

この用語に関連するスクールはこちら

定年後設計スクール

老後の不安を徹底解消!いまから始める定年後のお金対策

50音から探す

2分でわかる
ファイナンシャルアカデミー

「ファイナンシャルアカデミーってどんな学校?」「多くの受講生が成果を出している理由は?」など、ファイナンシャルアカデミーについて2分の動画でわかりやすく説明します。

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る