ホームマネー用語集(は行) BRICsとは?(ぶりっくす)

BRICs(ぶりっくす)

有力新興国とされるブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の頭文字をとった造語。アメリカの証券会社ゴールドマン・サックスが2003年の投資家向けレポートで使用したのが始まり。sを南アフリカ(SouthAfrica)とする場合もあります。
発展する新興国というイメージではなく、将来の世界経済の中心として認識する必要があります。

躍進する新興経済大国

BRICsはすでにポピュラーなキーワードになりました。BRICsは、ブラジル、ロシア、インド、中国の頭文字をとったもので、成長著しい新興国の代表として注目を集めています。末尾のsは複数形を表しますが、南アフリカのことを指す場合もあります。

アメリカの証券会社が2003年にレポートで使って以来、広く使われるようになりました。

BRICsの共通した特長は、広大な国土、原油や鉄鉱石などの豊富な天然資源、労働力の源泉となる膨大な人口を持つこと。

例えば人口では、中国が約13億8400万人(世界1位)、インドが約12億3600万人(2位)です。ブラジルが1億9800万人(5位)、ロシアが1億4300万人(9位)で、BRICs4国だけで世界の人口の約4割を占めています(WHO 世界保険統計 2014年版)。

国土面積ではロシアが世界1位、中国が4位、ブラジルが5位、インドが7位です。人口の増加、広い国土などを背景に経済成長を成し遂げ、近年では世界平均を上回る高水準の成長を記録しています。

BRICsの4国の株式に投資するBRICsファンドもあり、人気を集めています。

BRICsで世界人口の約4割を占める
BRICsで世界人口の約4割を占める

【ワンポイント】
BRICs の次なる成長国として注目されたのがネクスト11です。ネクスト11は、経済 の伸びや政治的安定性、人口の伸びなどの基準で選んだ11カ国で、韓国、メキシコ、トルコ、インドネシア、イラン、パキスタン、ナイジェリア、フィリピン、エジプト、バングラデシュ、ベトナムが含まれます。

今後の世界経済におけるBRICsの規模

BRICsの躍進によって、経済大国・日本の地位は脅かされようとしています。

今後も引き続き順調に経済が発展していくと、BRICsが世界経済の地図を大きく塗り替えるという予測もあります。既に、中国は2010年、日本を抜いてGDP世界第2位の経済大国になりました。また、2039年には、現在の世界の経済大国であるアメリカ、日本、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアの合計をBRICsが経済規模で上回るという予想もあります。

このように世界のパワーバランスに劇的な変化が訪れるかもしれません。

約10年前までは、世界経済の中心は「米国」、「欧州」、「日本」の三極体制でした。しかし今後は、「米国」、「EU(欧州連合)」、「BRICs」の新体制に変わる日もそう遠くはないかもしれません。

BRICsが世界の面積の3割を占める
BRICsが世界の面積の3割を占める

この用語に関連するスクールはこちら

投資信託スクール

投資したいけどリスクが怖いあなたへ。2,000万円の資産を築くために必要な知識のすべて

50音から探す

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る