ホームマネー用語集(か行) 改正高年齢者雇用安定法とは?(かいせいこうねんれいしゃこようあんていほう)

改正高年齢者雇用安定法(かいせいこうねんれいしゃこようあんていほう)

急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境を整備することを目的に改正されました。定年を65歳未満としている企業には、1定年を65歳までに延長する、265歳までの継続雇用制度を導入する、3定年制度の廃止、のいずれかが求められます。

この用語に関連するスクールはこちら

定年後設計スクール

老後の不安を徹底解消!いまから始める定年後のお金対策

50音から探す

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る