ホームマネー用語集(さ行) 信託財産留保額とは?(しんたくざいさんりゅうほがく)

信託財産留保額(しんたくざいさんりゅうほがく)

投資信託を解約すると、組入資産を売却して解約資金をつくります。組入資産を売却するには、委託手数料などのコストが掛かります。投資信託の組入資産を売買するのに掛かるコストは、信託財産から支弁する決まりがあるので、解約による組入資産の売却に掛かるコストは、自分の都合で解約する受益者ではなく、現時点でその投資信託を保有している受益者が負担する形になります。その不公平感を解消するために設けられているのが信託財産留保額です。つまり、解約する受益者から信託財産留保額を徴収し、それを信託財産に戻すことによって、組入資産の売却に掛かったコストの支払いに回すのです。この流れからも分かるように、信託財産留保額は投資信託会社、販売金融機関のいずれの収益でもないため、手数料ではないのです。

この用語に関連するスクールはこちら

投資信託スクール

投資したいけどリスクが怖いあなたへ。2,000万円の資産を築くために必要な知識のすべて

50音から探す

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る