お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2020年2月18日更新

飲み過ぎに要注意! 月の飲み代、皆さんはいくら?

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ新聞記者、はるちゃんです。
4月の新年度スタートに前後して、皆さんの職場でも歓送迎会が行われると思います。公式な歓送迎会だけでなく、仲の良い数人だけで異動者を祝ったり、ねぎらったりすることもあるでしょう。年末年始とともに、酒席の多い季節。今回は「飲み代」について調べてみました。
以前も記事にしましたが、京都地方労働組合総評議会(京都総評)が「夫婦と子ども2人の家族が京都市内で普通に暮らした場合」にかかる費用について調べた調査では、30代の場合、夫の飲み会がおよそ「月1回4,000円」となっており、ネット上ではこの金額にも賛否もろもろいろいろな意見がありました。
軽く一杯飲む程度ならば、4,000円以内になることもありますが、歓送迎会などでは会費自体が4,000円に収まらない場合もままあります。その上、二次会に参加すれば、さらに支払わなければなりません。私個人の感覚で言えば、飲み代は、月4,000円では足りない印象です。

「男性は月2.4回、1回平均5,415円支出」の調査結果も

全国20~50代の男女約2,700人を対象にした新生銀行の「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると、1回の飲み代は男性会社員が5,415円、女性会社員が4,288円。そして、1カ月のトータルは、男性会社員が1万3,175円、女性会社員が9,493円となっています。
ちなみに、1回の飲み代は、男女ともに50代の方が最も多くなっており、役職や年齢に応じて多めに支払っていることが推測されます。
飲み会の回数で見ると、男性会社員2.4回、女性会社員2.2回。自宅で飲む回数は男性会社員12.3回、女性会社員8.8回となっていることから、合計では男性が月15回、女性が10回程度飲んでいることが分かります。
酒は飲み過ぎると、体に良くないことは言うまでもありません。会社員として働いている以上、会社の飲み会に欠席しづらいことはよくありますが、飲み会は月2回程度に抑え、「宅飲み」の回数も上記回数以下に収めてみたらいかがでしょうか。それ以上は飲み過ぎ、使いすぎと考える。そうすれば、家計にも、体にもよい結果が出てくるでしょう。
2年以内に100万円以上の貯蓄を実現する方法を学ぶ

この記事のライター

はるちゃん

ファイナンシャルプランナー(AFP)の資格を持つ新聞記者。暮らしや投資のほか、教育やデジタル関係にも精通している。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お金の教養をもっと知るには?

お金の教養スクール体験セミナー

学べる3つのこと

家計から保険、年金、税金まで「学校では習わなかった」人生に必要なお金の知識がまるごと学べます。お金に対する考え方や付き合い方が、今日から変わるセミナーです。

受講料 1,000円 → 無料
受講期間 申込みから7日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る