投資家がよく行く金運が上がるパワースポット4つ

2019年1月23日更新

新年を迎えて、初詣に行かれた方も多いかと思います。
今回は投資家がよく行く、金運が上がるパワースポットを4つ紹介します。
●神田明神(かんだみょうじん)


東京の神田にある神田明神。
勝負の神様と言われており、金融関係の方もよく訪れるそうです。
私は、有名な某証券会社の社長や、トレーダー仲間と一緒にお参りしたこともあります。ここを訪れるときはなぜかいつも晴天で、とても良い気が流れている感じがします。
●蕪嶋神社(かぶしまじんじゃ)


引用:八戸観光Navi
青森県八戸市にある蕪島神社。私の地元です。ここは、うみねこで有名な神社なのですが、
蕪=蕪
うみねこのウンコ=運
ということで、株上がり神社とか、金運の神社として知られているそうです。
「アベノミクスで歴史的な上昇相場となった2013年。株価が上がる御利益があるのが、青森県八戸市にある蕪嶋神社。株以外にも宝くじや就職などお金全般の御利益もあるとか。「かぶあがりひょうたん御守」が人気で、証券会社の営業マンが得意客のために大量に買い求めることもあるそうです。」(日刊スパより)
※2015年11月5日に発生した火災により社殿が全焼したため、現在は蕪島海浜公園入口付近に臨時の社務所が置かれているそうです。再興に向けて寄付も募っています。
●銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)


引用:鎌倉の観光ポータルサイト
鎌倉にある銭洗弁天。
トレードを始めた頃から数年に1回行く神社です。お金を洗うと金運がアップすると言われています。白蛇が祀られているのですが、巳年、巳月、巳の日、源頼朝の夢の中に宇賀福神(蛇の化身)が現れ、神仏を供養するようお告げをしたのが由来なんだそうです。その後、北条時頼が、ここの霊水で銭を洗い、一家繁栄を祈ったそうですよ。
●出雲大社

この写真は、島根県の方の出雲大社ですが、私がよく訪れるのが、六本木の分社。六本木に用事がある時は必ずお参りします。出雲大社は縁結びの神様で有名ですが、同時に縁切りの神様とも言われています。悪縁を断ち切ってくれるんですね。
含み損が切れなくて悩んでいる方は、お参りしたら、出雲守様が損切をお手伝いしてくれるかもしれません。
私は九星気学を6年ほど習っているのですが、その教室では私のように、投資や会社経営をされている生徒さんがとても多いそうです。やはり、職業柄、験担ぎや運を気にされるのでしょうね。
九星気学では、星によって、もしくは時期によって、“金運があるない”もわかるのですが、
金運がある人=お金が貯まる、お金持ち
ではないんです。
金運というのは、良くも悪くもお金にご縁がある。いうことなのです。つまり、お金に振り回されるという危険もあるということ。なので、“あなたは金運が強いですね。”とか、“今年、あなたは金運がありますね。”と言われたからといって、安易に喜べないのです。
例えば、大きくお金が入ってきたら
意義のあるお金の使い方をしなさい。
散財には気をつけなさい。
等、お金には十分注意しなさいよ。という意味だと解釈したほうがいいです。
私の気学の先生は、お金は怖いものだ。とよく言います。鑑定をしていて、この人ちょっと変。と思ったら、お金も受け取らないことがあるんだとか。
もしくは、受け取ったお金は飲みにでもいってとっとと使ってしまうのだそう。
そうやって、変なお金はなるべくお財布にいれておかないようにするといいます。
確かに、気持ちのいいお金と気持ちのよくないお金ってありますからね。
お金も人も、私はご縁だと思っています。良いご縁を呼び寄せるためには、日頃から、気持ちのよいお金と人との付き合い方を心がけたいものです。

この記事のライター

sarah

FXトレーダー・コラムニスト
2005年からFXトレーダーとして米紙ウォールストリートジャーナルやテレビ東京『ガイアの夜明け』等取材を数多く受ける。FX、仮想通貨(ビットコイン)のコラムニスト。現在は米国で子育て中。著書「わたし、すっぴんジャージで億を稼いでます」(幻冬舎)
【ブログ】「FXトレーダーSarahのFX日記」
【twitter】https://twitter.com/sarahfx1

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お金の教養をもっと知るには?

お金の教養スクール体験セミナー

学べる3つのこと

家計から保険、年金、税金まで「学校では習わなかった」人生に必要なお金の知識がまるごと学べます。お金に対する考え方や付き合い方が、今日から変わるセミナーです。

受講料 無料
受講期間 申込みから3日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


ページトップへ