お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2020年4月26日更新

不動産投資の4つのメリットについて

メリットを理解して前へ進みましょう・・

みなさん、こんにちは!真木です。
コロナウィルスに伴う、一連の騒動により、世界の経済に、大きなダメージを与えています。そして、株式市場も、「弱気相場」になっていますね。
ここ数年は、右肩上がりで株価も上がっていましたので、突然の出来事に、びっくりしている方も多いのではないでしょうか。
私も、株式、インデックスファンドへの投資を行っています。もちろん、今回の出来事により、評価額は大きく下がってしまいました。
「このまま下がり続けたらどうしよう」
「これくらいで損切りしたほうがいいかな」
いろいろと、考えを巡らせている方もいるかもしれませんが、このような時こそ「原点回帰」です。
私はそもそも、下記の想定のもと、株式やインデックスファンドを購入しています。
「未来は、今よりもさらに経済が成長していく」
つまり、社会がより成長していくからこそ、株式やインデックスファンドに「投資」をしているわけです。
ですから、今回のコロナウィルスの影響により、一時的には値下がりしても、また成長し、長期目線ではプラスに転じると思っています。
短期的な目線だけではなく、長期的な目線も大事なファクタだと思います。
今回は、「不動産投資の4つのメリット」について書いてみたいと思います。

不動産投資の4つのメリット


不動産投資には、大きく4つのメリットがあります。
◎不動産投資の4つメリット
①住宅費を節約することができる
②大きくお金を増やすことができる
③長期的な継続収入になる
④時間の自由ができる
もう少し深堀りしていきましょう。
まず、1つ目のメリットは、「住宅費の節約」です。不動産投資を勉強することにより、みなさん自身が住む家についても、ポジティブな側面があります。例えば、マイホームを購入する際にも、不動産投資の知識を使って、数百万単位の節約をすることができます。
人生において、「家」は必要不可欠な物です。そして、一生掛かる「固定費」でもあります。そこを節約できることは、大きなメリットだと思います。
2つ目のメリットは、「大きくお金を増やすことができる」です。給与収入を増やしたいと思っても、自分の力だけでは上げることは不可能に近いです。
一方、不動産投資であれば、物件を買い進めることにより、家賃収入は増えていきます。ですから、自分でコントロールしながら、お金を増やすことができるわけです。

お金と時間を手に入れる


3つ目のメリットは、「長期的な継続収入になる」ことです。
家賃収入の良いところは、一度きりではなく、物件を保有していれば、以後毎月入ってくる点です。そのため、将来のお金の不安を消しやすくなります。
そして、4つ目のメリットは、「時間の自由」です。
お金の不安を消すことができれば、時間のゆとりができます。そうなれば、やりたかったことや、夢などにチャレンジすることができます。
以上、不動産投資の4つのメリットについて見てきました。
不動産投資の良いところは、「一度仕組みを作ってしまえば、それほど多くの労力はかからない」ことです。
もちろん、全く何もしなくて良いわけではないですが、1日数分程度の時間でも対応できます。
ただし、そのためには「満室経営」が必須になります。
今回の話をまとめると・・
・不動産投資には大きく4つのメリットがある
・「お金と時間」を手に入れるための手段としては、やる価値のある投資である
不動産投資は、昔から存在している投資になります。ですから、最先端の投資ではありません。その一方で、数年先も恐らく変わらず続いている投資だとも思います。
そして、どのようなスキームで成り立っている投資なのかも、シンプルで分かりやすいです。
こういったところに、時間を掛けて、チャレンジするのは、とても良いことだと個人的には思っています。
【WEB動画無料公開中】年間500万円以上の家賃収入を得る方法を学ぶ

この記事のライター

真木寿人

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「不動産投資スクール」にて教壇に立つ。2013年より不動産投資を開始し、現在5棟の物件のオーナー。東京出身ながら地方物件の不動産投資に積極的。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

本サイトの各記事で紹介する運用方法、投資方法、特定の商品などは著者の見解に基づくものであり、ファイナンシャルアカデミーが推奨するものではありません。商品購入、運用、投資などの判断は自己責任に基づき行ってください。


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る