お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2019年4月27日更新

株と為替の関係はどうなってるの?

【2019.12.25.(水)にアップデートした記事です】
企業経営のグローバル化が進む中、為替が企業に与える影響がますます大きくなっています。株式投資を実践するうえでも、株式と為替は非常に密接に関係しています。そこで本稿では、為替の基本的な仕組みや企業の業績および株価に影響を与える主な要因などを解説します。

為替レートとは

まず始めに、ニュースなどで伝えられるドル円やユーロ円などの「為替レート」は、円やドルなどの通貨を交換する場である外国為替市場において、異なる通貨が交換取引される際の交換比率のことを指します。私たち日本人にとって代表的な為替レートはドル円ですが、グローバルベースでみるとドル・ユーロやユーロ・ドルなど多岐に亘る通貨ペアが存在しています。
輸出企業・輸入企業はそれぞれ、「インターバンク取引」と呼ばれる為替相場の為替レートに基づき、物やサービスの輸出および輸入時の決済金額などが決められます。インターバンク市場は受け渡しまで期間の違いによってさらに「直物相場」と「先物相場」に分かれています。なお私たち個人が銀行での小口両替や外貨預金の際に適用される為替レートは「対顧客取引」と呼ばれる為替相場となり、インターバンク取引を行う為替相場とは異なります。
なお、テレビやインターネットなどのメディアで報じられる「円高」や「円安」に関しても、企業経営と為替の関係性を把握するうえで、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。具体的な数字を用いて説明すると分かりやすいかと思います。ドル円相場を例に挙げると、現在1ドル=100円であったものが1ドル=70円の円高になれば、円が相対的に強い(ドルが弱い)ことから、輸入企業にとってより多くの商品を輸入することができるようになり、結果業績を向上させる要因になります。
一方で、1ドル=120円の円安で推移すれば、円が相対的に弱い(ドルが強い)ことから、輸出企業にとって多くの物・サービスを輸出できる要因になります。
参照:日本銀行「為替相場(為替レート)とは何ですか?」

株価に与える影響

企業の株価に影響を与える要因として、特に注目しなければならないのが海外投資家動向です。またその影響を大きく受けやすいのは輸出企業です。

海外投資家

現在、日本株式の60%以上を海外の年金基金やヘッジファンドなどの「海外投資家」によって売買されている状況です。そのため、海外投資家の一挙手一投足が日本株式の株価に与える影響が大きいことから、彼らの動向をできる限り的確に把握する必要があります。その際に参考となるデータが、東京証券取引所が毎週第4営業日に公表する「投資部門別株式売買状況」です。このうち「外国人投資家」の売買状況を確認することで、例えば外国人投資家が大きく買い越していれば日本株式に総じて強気であると判断できます。
また、円建てではなくドル建ての日経平均株価でみることで、外国人投資家の日本株式に対するセンチメントを読み取ることもできるかもしれません。つまり、ドル円相場が円安となればドル建て日経平均は下落し、逆に円高となればドル建て日経平均は上昇することになります。

輸出企業

また、トヨタが円安効果により業績予想を上方修正したなどの新聞記事を目にしたことがあるかと思います。トヨタやホンダ、ソニーなどに代表される輸出企業にとっては、為替相場が円安の方向に動くことで企業業績にプラスに働くことを意味します。つまり、グローバルベースに展開する輸出企業にとって、為替相場動向が企業業績を左右する大きな要因の一つといえます。

為替と株価に関する情報の集め方

このように為替は株価に大きな影響を及ぼします。そのため株式取引では為替と株価の情報を手に入れることが重要です。
情報を手に入れる方法として、オンライで証券口座を開設することが考えられます。
多くの証券会社では、自分の口座にログインするだけで株式や為替の情報を見ることができるサービスを用意しています。
たとえば、証券トレードツールで有名な岡三オンライン証券では、独自の視点で日本株式、米国株式、為替相場などについて詳細な分析をした投資情報を口座保有者に無料で提供しています。
ほかの証券会社でも、為替が直接影響するFXに関する情報や世界各国の株価、指数、為替、金利や世界のニュースが視聴できるサービスなどを提供しています。
情報収集のためにいくつかの証券会社に口座を持っておくのも良いかもしれません。

輸出関連銘柄購入の際は、為替の状況をチェックしよう!

これまで為替レートの基本的な仕組みや企業の株価や業績に影響を与える要因、情報の集め方などを解説してきました。特に輸出関連銘柄の購入を検討されている際は、常に為替水準が円安なのかもしくは円高なのかを確認したうえで企業業績動向を探るようにしましょう。
参考:ニューズウィーク「日本の株価に大きな影響を与える「外国人投資家」の正体」」
為替って何と思ったあなたに

この記事のライター

インベストリッパー

元外資系金融マン。国内外株式のリサーチ業務などに従事。現在はフリーのライターとして投資関連を中心とした記事の執筆を手掛けている。趣味は海外サッカー観戦。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

株式投資をもっと知るには?

株式投資スクール体験セミナー

学べる3つのこと

株式投資で安定して利益を出し続けていくには、根拠のある銘柄選びと売買が必要です。そうした銘柄選びの「3つの基本」や必須知識を実例を使って分かりやすく学べます。

受講料 1,000円 → 無料
受講期間 申込みから7日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る