お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2020年4月28日更新

割安株と判断して長期保有株を買う

2020年3月は新型コロナウイルスの影響でリーマンショックを超える株価暴落、大きな経済ダメージをうけた株式市場では世界中で冷え込みムードが漂っています。株式市場参入に悲観的になる人がいる一方、割安株と判断し長期保有株取得を狙う投資家もいます。
ウイルスの終息に目途が立たず、外出規制が敷かれ職場に行けず経済を動かせない状況が続く中、今後またいつ暴落が起きてもおかしくない状況で彼らはなぜ株式を購入することができるのでしょうか。いくつかの仮説のもと検証してみましょう。

未来のストーリーを立てる

彼らは新型コロナウイルスによる経済の低迷をただ「事実」として捉え、暴落による「不安」や「恐怖心」からの感情は少し脇に置いています。暴落の要因はさまざまですが一部は人の不安や恐怖による心理的要因から株式保有を断念して売却することによる下落があります。
彼らはこうした背景で株価が下落することがあることを充分理解した上で同じように「不安」や「恐怖」に支配されるのではなく、「ここからどんな未来が描けるか?」を経営者やその企業で働く従業員と同じような視点に立ち未来を考え始めます。
現に上場企業の一部はこの暴落渦中の中下落が止まり、チャートが上昇に転じている企業もあります。新型コロナウイルスという「事実」を捉えた上でそこから何ができるのか?「未来」がクリアになった企業が上昇に転じてきています。割安株と判断し長期保有株取得を狙う投資家はその企業を応援する、支援する意味を込め株式を購入します。

未来のストーリーがクリアとは?

上述したとおり未来のストーリーがクリアになっている企業が割安株と判断され購入されやすい株式です。たとえばマスクが今世界的に不足しているため生産が追いつかない状況です。マスクの生産企業も一時的に暴落していますが工場はフル稼働しています。経済(ヒト、モノ、カネ)が動いている状態です。
同じようにヒト、モノ、カネが動いている企業はたくさん存在します。日々のニュースに目を向けていると今は止まっていても「これなら力を発揮できる」と動き出す企業もあらわれます。
分析方法から割安株を見つけるのか、日々の情報からある企業に目をつけて分析方法を駆使し割安株を見つけるか、どちらが先かは分かりませんが日々経済の動きに目を向けていたいですね。
反対にまだ株価が不安定なこの時期、未来予測が困難(たとえばレジャー施設、飲食業界など)な株式で割安株が見つかったとしても、ヒト、モノ、カネがすぐに動き出さないストーリーが描ける株式もあります。割安だけで判断するのではなく未来のストーリーがどう動くのか考えながら購入していきましょう。

割安株の判断の仕方

安く買って高く売ることが株式投資で利益を出す王道です。PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)、チャート分析、四季報などから株価を客観的データに基づき割安か判断します。
PER(株価収益率)=時価総額/純利益
PBR(株価純資産倍率)=株価/1株あたりの株主資本
式であらわすと上記のとおりですがPERもPBRもネット証券口座では企業ごとに計算されて表示されていますよね。一般的にPERは15倍程度が平均、PBRは1倍未満が割安とされています。
チャートから判断する方法で一般的なのは、該当企業の1年チャートを開いて単純移動平均性を200日基準で表示されるとチャート上に1年間の株価平均推移をあらわすグラフが表示されます。そのグラフより現在のチャートが上にあれば割高、下にあれば割安と判断できます。
四季報からは自己資本比率や営業利益の推移、有利子負債(借金)などの情報が記載されていますのでその企業の経営状況が分かります。
今回のような暴落時でもこれらの分析方法は大いに役立ちます。こんな時だからこそ基本のスタンスを大切にすることが重要だともいえます。
【WEB動画無料公開中】株式投資で資産を2倍にする道すじを学ぶ

この記事のライター

楽生暮

ファイナンシャルプランニング技能士2級、AFP(日本FP協会認定)
金融・保険業界を経験後、現在はフリーでFPに関するライター業やメディカルハーブ講師、マヤ暦占星術を行う2児の母。自身でも株やFX、つみたてNISAなどの資産運用を行いながら、「楽しく生きて暮らす」をテーマに子育てや資産運用を書いたノンジャンルのブログも運営中。複数の収入の柱を持つことを提案し実行している。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

株式投資をもっと知るには?

株式投資スクール体験セミナー

学べる3つのこと

株式投資で安定して利益を出し続けていくには、根拠のある銘柄選びと売買が必要です。そうした銘柄選びの「3つの基本」や必須知識を実例を使って分かりやすく学べます。

受講料 1,000円 → 無料
受講期間 申込みから7日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)

本サイトの各記事で紹介する運用方法、投資方法、特定の商品などは著者の見解に基づくものであり、ファイナンシャルアカデミーが推奨するものではありません。商品購入、運用、投資などの判断は自己責任に基づき行ってください。


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る