お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2018年2月12日更新

FXとビットコインの違い、それぞれのメリットとは?

投資対象として違いを解説!

私はFX投資が中心ですが、今年からビットコイン投資にも手を伸ばしてみました。投資は得意分野に集中した方が効率も良いのですが、ビットコインがあまりにもブームとなっており、よく問い合わせもある為、試しに参戦しています。実際取引をする事で勉強もするようになり、理解度も深まりました。
今年もコインチェックの問題などが世間を騒がせておりますが、取引して感じた事をFXと比較しながらお伝えしていきます。ここではビットコインの技術や成り立ちなどではなく、「投資対象としてどうか」などを中心にお伝えします。

ビットコインのメリット

ビットコインのメリットを大きく3つお伝えします。
ビットコインに魅力を感じる理由は値動きかと思われます。2017年は20倍にもなり、値動きで大儲けできる事が最大の関心事となっています。少ない資金で大きく儲けられるものには夢があり、誰しも関心を持ちます。株やFXや不動産も最初に注目を集めた時期は大相場の時です。
2つ目に使い勝手の良さです。webで口座開設も簡単にでき、少ない資金から取引可能です。FXは土日休みですがビットコインの価格は24時間365日動いており、FX以上にいつでも手軽に取引できます。レバレッジを選択しなければ、難しいルールはなく投資初心者でもスマホで参戦可能です。
3つ目は話題性です。多くの人が関心を示す存在で話のネタにもなります。流行に乗る感じで楽しめます。またブロックチェーン技術や仮想通貨の将来性も話題となっています。

FXのメリット

一方FXの1つ目のメリットは安心感です。
個人が取引できるようになって20年近くなり、投資対象として定着した感はあります。また国の通貨が取引対象である為、未来永劫なくなる可能性は極めて低く、ビットコインに比べればかなり安心して取引を続けられます。
2つ目にスワップ金利の授受です。金利が高い通貨を購入すれば毎日スワップ金利が受け取れます。インカムゲインを得られ長期投資として魅力もあります。
3つ目にファンダメンタル分析を使い相場分析が可能です。ビットコインに比べれば世界経済などと深く関連しており、為替の動きが分析可能な一面もあります。また相場以外の面でも為替の動向は役立つ知識となります。

投資と投機の区別はない

最後に投資対象としてですが、共に問題ないと考えております。
よくFXやビットコインは投機でありギャンブルだといわれますが、対象自体に投資や投機の区別はないと考えています。両者とも投機的にトレードされる要素が多く、そこにフォーカスされますが、長期の投資としてトレードする事も可能です。FXは他国への投資として考える事もできますし、ビットコインはブロックチェーン技術や未来通貨への期待として投資する意味もあるでしょう。
ビットコインが盛り上げればイノベーションが活性化し、新たな可能性も拡がるかもしれません。分散投資先の一部一つとしてビットコインを通貨や金(ゴールド)のように保有する時代が到来するかもしれません。

この記事のライター

田中和紀

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「FX・外貨投資スクール」で教壇に立つ。福岡大学卒業後、証券会社入社。金融ビッグバン当時、業界初のFX事業の立ち上げに関わる。投資実績としては、ドル/円、豪ドル/円のロングポジションの長期投資。年率にして平均15%で10年以上運用した。その他様々な金融商品を取引中。オプションSQに合わせて、オプションの短期売買を実施しています。2006年よりKAZUKI FP事務所代表。証券会社、情報ベンダーなどで講演・執筆を中心に活動。

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

外貨投資・FXをもっと知るには?

外貨投資・FXスクール
体験セミナー

学べる3つのこと

FXで安定的に利益を得ていくには仕組みの理解と実践ノウハウが不可欠です。売買タイミングを見極め方やリスク管理の方法など、FXに必要な知識を凝縮して学べます。

受講料 1,000円 → 無料
受講期間 申込みから7日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る