ファイナンシャルプランナーは不動産投資に役立つのか?

2020年3月2日更新

ファイナンシャルプランナー(略してFP)という資格や言葉は、ひと昔前に比べたら随分身近になったような気がします。FPを簡単に説明すると「一般消費者の生活に関するお金の専門家」ですが、不動産投資に関しても役立つ存在なのでしょうか?FPの資格や現状から改めて考えてみました。

自称ファイナンシャルプランナーなら誰でもなれる!?

一般的にFPと言えば、日本FP協会が認定する「CFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)」と「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)」、技能検定のFP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)1級~3級です。
日本FP協会が認定するCFP®・AFPの要件と認定者数は下記の通りです。
●CFP®・AFP認定のための主な要件
AFP…AFP認定研修受講終了、2級FP技能士検定合格
CFP®…AFP認定者、CFP®資格審査試験合格、CFP®エントリー研修終了、一定の実務試験
●CFP®・AFPの認定者数(2019年9月1日現在)
AFP…160,169人(男性98,642人・女性61,527人)
CFP®…22,335人(男性16,933人・女性5,402人)
※資料:日本FP協会ホームページ
技能検定とは、「働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定程度(厚生労働省ホームページより)」で、ファイナンシャル・プランニングだけでなく、知的財産管理や舞台機構調整、ピアノ調律、パン製造、半導体製品製造等130職種(2018年7月23日現在)の技能士があります。
日本FP協会認定のCFP®とAFP、技能検定のFP技能士(ファイナンシャル・プランニング技能士)1級~3級は、いずれも各々の名称を独占使用できますが、単にファイナンシャルプランナーという名称であれば、誰でも名乗ることができます。つまり自称ファイナンシャルプランナーがいても不思議ではありません。
もし、相談でFPからアドバイスを受けたり、セミナー等でFPから何かを学んだりする時は、そのFPがどのFP資格を保有しているのか、確認しておくと良いでしょう。

FPによって得意分野は異なる

CFP®とAFP、FP技能士の認定者は何れも試験に合格しているので、一定レベルの知識は有しています。ただ、知識だけで相談者のマネー相談を受けたりマネーセミナーの講師をしたりすることは簡単ではないので、個々にプロとして必要な訓練や経験を積んでいます。
しかしFPの業務範囲は非常に広く、CFP®の試験は6課目(「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業承継設計」)もあることから、全てを完璧にするより特定の分野や業務を極めていく方向にあります。例えば、資産運用は専門的でも保険はそうではないFP、相続は専門的でも資産運用はそうではないFP等です。不動産投資に関しても同様のことが言え、比較的得意なFPもいればそうでないFPもいます。
もしFPに不動産投資に関する相談を依頼するなら、対応できるFPなのか事前に確認する(見極める)必要があります。不動産投資会社の勤務経験や自らの不動産投資等を聞いてみても良いかもしれません。また、FP資格を取れば不動産投資に役立つかについては、必要な知識はかなり学べるので、役立つことは間違いないです。ただ、FP資格があれば不動産投資が確実に上手くいくとは限りません。知識以上に経験が必要ではないでしょうか。
年間500万円以上の家賃収入を得る方法を学ぶ

この記事のライター

松浦 建二

CFP®認定者・1級ファイナンシャル・プランニング技能士。青山学院大学卒、大手住宅メーカーで戸建てやアパートの営業を経験後、外資系生命保険会社へ転職し生命保険と投資信託の営業を経験。2002年からファイナンシャルプランナーとして主に個人のライフプラン、生命保険設計、住宅購入総合サポート等の相談業務を行っている他、FPに関する執筆や講演も多数おこなっている。青山学院大学非常勤講師。http://www.ifp.cc/

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

不動産投資をもっと知るには?

不動産投資スクール体験セミナー

学べる3つのこと

毎月、家賃収入を得られるのが魅力の不動産投資。少ない資産で始める方法や、給与を超える「2本目の収入の柱」にしていくための規模拡大戦略までを分かりやすく学べます。

受講料 無料
受講期間 申込みから3日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


ページトップへ