お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2016年12月8日更新

家賃収入の使い道は?

皆さんこんにちは。
ファイナンシャルアカデミー 不動産投資スクール 講師の城山剣吾です。

「最初の一歩を踏み出した!」 さて、得られた家賃収入はどうする?

前回、不動産投資を始めるための資金作りについてお話しましたが、不動産投資を始めるにはそれなりの自己資金が必要です。対象物件にもよりますが、最低でも100万円、できれば300万円くらいはあったほうがスムーズに不動産投資に参入できるのではないでしょうか。
投資物件を購入することで、皆さんは人生を変える大きな一歩を踏み出します。その第一歩を踏み出すと、いよいよ待望の「家賃収入」が銀行口座に振り込まれてきますよね。さて、その家賃収入。皆さんはどう使いますか?
欲しかったものを買う。
好きな趣味や旅行に使う。
生活費に充てて、ゆとりある生活を送る……

こんなことを考えるだけで、ワクワクしますよね。自分の努力によって獲得した家賃収入ですから、どのように使おうが皆さんの自由です。しかし、ちょっと待ってください。その選択は果たして良いのでしょうか?

家賃収入は更なる投資へ

私も最初の投資物件を購入して、月末になると自分の銀行口座に家賃が自動的に入ってくることに感動したものです。さて、私はこの家賃収入を何に使っているかというと……
何にも使っていません。
じゃあ、何のために家賃収入を得ているの? と思う方もいますよね。正確に言うと “消費に使っていない” のです。私の場合、家賃収入は趣味や嗜好品などの消費には一切使わずに、更なる投資費用として貯蓄しています。

なぜ、家賃収入を消費に使わないか?
理由は二つあります。
まず一つ目は、「投資した自己資金を回収するまでは、消費に使わない」という考え方です。私が最初に購入した投資物件は区分所有ですが、諸費用やリフォーム費用を含め300万円ほどの資金を投入して購入しました。その300万円、家賃収入で回収できるまでは、収支としては結局のところ、マイナスですよね。なので、投資資金を家賃収入で回収するまでは消費には一切使用していません。
そして二つ目は、「目標とする家賃月収に到達するまでは、消費に使わない」という考え方です。私の場合、サラリーマンとして得ている給与の3倍の家賃月収を達成することをひとつの目標にしています。この目標を達成するには、区分所有をひとつ購入したくらいではまだまだ足りません。
登山に例えると、やっと1合目まで登った程度でしょうか。
ここで家賃収入を消費に使ってしまったら、スタート地点まで下山した様なものですよね。この様なふたつの考えがあるので、家賃収入は一切使わずに更なる投資費用として貯蓄しているのです。

「目標とする家賃月収」を設定しよう

受講生の方から「先生は家賃収入もあるので、悠々自適な生活をされているのでしょうね」と聞かれることがあります。
そんな時、私はこう答えます。
「いえいえ、まだ目標の家賃月収に達していないから、一切使っていないですよ」
「なので、今はサラリーマンの給与収入で普通に生活しているだけです」
もし 「給与収入の足しとして、月5~10万円程度の家賃収入が欲しい」という目標であれば、区分所有を1~2戸購入すれば達成することも可能です。
しかし私の様な 「今の給与の3倍の家賃月収を達成したい」という高い目標値であれば、家賃収入を生活の一部に充てる様なことはせず、まずはすべて貯蓄する姿勢で不動産投資を実践してください。
家賃収入を着実に貯蓄していくことで、融資面でも優遇されやすくなります。そして融資が優遇されれば次の投資物件も買いやすくなり、より大きな家賃収入につながっていことでしょう。
目標とする家賃月収、皆さんはいくらに設定しますか?
不動産投資について学べる「不動産投資スクール」の無料体験学習会はこちら

この記事のライター

城山剣吾

ファイナンシャルアカデミー認定講師。「不動産投資スクール」で教壇に立つ。東京都出身。メーカー系企業勤務、エンジニア業に従事。就職して数年後、不況の煽りを受け週4日出勤・給料も20%カットという状態に陥り、サラリーマンという立場に大きな不安と疑問を感じ始める。ほどなくして「会社に頼らず、自力で稼げる様になろう」という想いが強まり、当時注目され出していたYahooオークションに目をつけ副業を開始。これが軌道に乗り約900万円の利益を上げる。この資金を使って不動産投資の勉強を本格的にスタート。2008年に収益用の区分所有を購入。以降は一棟物件にシフトし、RCマンション、木造アパート、重量鉄骨造マンションなど計五棟を購入。現在の年間家賃収入は約2,600万円。(※2019年時点)

About the author

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る