メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384

お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2019年8月22日更新

返済総額を左右する金利と期間:『マンションを買うまでに読む青本』vol.6

マイホームを買おう!と思ったら、多くの人がまず気になるのが「住宅ローン」のことかもしれません。一生の中でも1、2位を争う大きな買い物といわれる住宅購入をギャンブルにはできませんよね。前シリーズ『マンションが買いたくなったら読む赤本』でマンション購入を決めた山田さんのお宅の事例を通して、住宅ローンを利用するときのポイントをおさえましょう。

vol.6では、思いのほか返済総額に影響を及ぼす住宅ローン金利について見ていきます。

金利 1%の違いは意外に大きい

1%の増減で総返済額にどれだけの差がつくか

美香:住宅ローンの金利はだいたい3%程度と言われているけど、金融機関や金利タイプによっては2%前半のものや、4%台のものもあるわね。金利が1%違うと、総返済額はどのくらい違ってくるのかしら?

たとえば、山田さん一家が3,000万円のマンションを買うために、固定金利3%で30年のローンを組んだとしましょう。

翔太:消費税8%で100円のものを買うと、100円×1.08=108円になるから、家も同じで3,000万円×1.03=3,090万円になるのかな?

これは、大きな勘違い。住宅ローンの計算法はそんなに単純なものではなく、例えば毎月の返済額が同じになるよう設定された元利均等返済の場合、元金と利息の額が毎月変化するため、複雑な計算式を用いることになります。その結果、実際の総返済額は約4,553万円になります(自分のケースに即した数値を知りたい場合は、ネットのローン返済額試算サイトを利用すると便利です)。

では、金利が2%になるとどうなるでしょう。答えは約3,992万円。3%のときより561万円安くなります。金利が4%なら、総返済額は約5,156万円。3%のときより603万円も高くなります。このように金利が1%違うだけで総返済額に大きな差がつくのですから、「ローンをどこで組むか」「どんなタイプのローンを選ぶか」は、とても重要な問題なのです。

ローン借り換えの目安はあるか

世の中の金利水準が下がり、現行のローン金利よりも低金利のローンが出てきたら、「ローンの借り換え」を考えてもいいでしょう。「借り換え」とは、高い金利で組んでいたローンをより低い金利で組み直すことで、具体的には現行の住宅ローンの残高を新しい金融機関で借り入れし、一括返済することです。ただし、現行のローンを精算して新規に住宅ローンを借り入れることになるので、事務手数料や登記費用などが新たにかかり、誰もが必ずしもトクをするというわけではありません。借り換えたほうがいいおおよその目安として、次の3点が挙げられます。

1.住宅ローンの残高が1,000万円以上ある

2.借り換え前後の金利差が1%以上ある

3.返済期間が10年以上残っている

例えばローン残高が2,000万円で固定金利が3%、残りの返済期間が15年とすると、毎月の返済額は約13万8,000円で総返済額は約2,486万円です。しかし固定金利が2%のローンに借り換えた場合、毎月の返済額は約12万9,000円で総返済額は約2,316万6,000円となり、その差は約169万4,000円となります。諸費用は各金融機関によって異なりますが、たとえば約50万円かかったとしても、約120万円トクをすることになります。自分も借り換えをしたほうがいいかどうか知りたい場合は、ネットの住宅ローン借り換えシミュレーションサイトで試算することができます。

そんなに返済期間が長くて大丈夫?

美香:モデルルームで営業マンに返済計画をシミュレーションしてもらうと、たいてい35年返済の計画表を出してくれるわね。でもその提案通りに長期のローンを組んでしまうと、あなたは今35歳だから、70歳になるまでローンを支払い続けることになるのよ。定年後もローンが残るなんて、不安だわ。

翔太:そうだな。その年になっても今と同じ支払い能力があるとは考えにくいから、せいぜい60歳までと考えるのが安心だろうな。

総返済額を減らすには、「わずかでも金利差にこだわることが大切」と書きました。そのほかに、もうひとつ重要なのが返済期間の長さです。

例えば、3,000万円を金利3%の住宅ローンで35年返済にすると、毎月あたりの返済額は11万5,455円。これを35年間(420カ月)返済すると、総返済額は11万5,455円×420カ月=4,849万1,100円となります。つまり3,000万円の借入に対し、支払う金利は約1,850万円にもなります。しかし5年間短縮して30年返済にすると、毎月の返済額は12万6,481円となり、総返済額は4,553万3,160円で、支払う金利は約1,550万円。さらに5年間短縮して25年の返済にすると、毎月の返済額は14万2,263円、総返済額は4,267万8,900円で、支払う金利は約1,268万円となります。このことから、ローンは支払期間が長引けば長引くほど利息が多くなり、総返済額が高くなることが分かります。

営業マンが35年ローンを真っ先に持ち出すのは、月々の返済額を低く抑えて、見た目の負担感を少しでも感じさせないようにするためです。それをそのまま鵜呑みにして長期のローンを組んでしまうと、利息がかさんで総返済額が大きく膨らんでしまいます。また、体力が衰える60歳を過ぎても1000万円以上のローン残債があるのは危険です。「60歳マイナス今の年齢」が、借入期間の本当の指標と覚えておきましょう。

▶︎vol.7に続く

ファイナンシャルアカデミーでは、「理想のマイホームを手に入れたい」「マンション選びで失敗したくない」「今の家を売って住み替えたい」「人に貸して家賃収入を得たい」という人におすすめのマイホーム購入講座を開催しています。

知らないと損する「マイホーム購入講座」はこちら

【出典・参考文献】

山崎隆『東京マンション資産価値予測 DATA BOOK』(ダイヤモンド社)

泉正人 cafeglobe「美マネ experience」

About the author

資産運用を始めたいけれど、
何から学べばよいかわからない人へ

WEB体験会なら、自宅に居ながら
資産運用の勉強が始められる。
まずは体験会で、
自分に合ったスクールを探してみましょう。

WEB体験会の一覧を見る

\すべてのWEB体験会を無料開放中/
変化のときこそ、お金の勉強。

家で過ごす時間が長くなっている今こそ、未来のために、お金の勉強をしませんか?

生活と切っても切り離せない「お金」。
ファイナンシャルアカデミーでは、これまで有料だったWEB体験会をすべて無料で開放することで皆さんの未来を応援します。

本サイトの各記事で紹介する運用方法、投資方法、特定の商品などは著者の見解に基づくものであり、ファイナンシャルアカデミーが推奨するものではありません。商品購入、運用、投資などの判断は自己責任に基づき行ってください。


<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2020年6月1日追記

5月25日(月)に政府から発表されました「緊急事態宣言」の解除を受け、教室での講座を順次再開いたします。
教室での感染予防・拡大防止の取り組みの詳細はこちらをご確認ください。

2020年5月4日追記

本日政府から発表されました「緊急事態宣言」の延長を受け、 教室での講座開催の中止を2020年5月31日(日)まで延長いたします。

2020年4月8日更新

政府からの「緊急事態宣言」を受け、2020年3月28日(土)から2020年5月6日(水)まですべての教室での講座開催を中止いたします。
また、同期間において、対面による対応をすべて休止させていただきます。

<対象校舎>
・丸の内本校
・丸の内本校2号館
・有楽町校
・大阪校

<同期間中の講座開催について>
・スクール及びゼミ
開催を予定していたすべての講座について
受講生なしで撮影を行い、WEB受講できるようにいたします。
準備が出来次第、順次マイページにアップいたします。

・各種入門講座
同内容のWEB講座を期間限定で無料開放します。
(通常1,000円)

5月7日(木)以降の対応につきましては感染状況等を踏まえて都度対応していく所存です。
最新の情報につきましては、ウェブサイト、メール等にて随時お知らせいたします。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:9-21時 [月-金]・10-19時 [土日祝]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]

ページトップに戻る