お金の教養を身につけるための総合マネースクール|ファイナンシャルアカデミー


2018年5月21日更新

人気Youtuberやインスタグラマーになったら知っておきたいお金のコト

こんにちは!平成生まれのお金の専門家、横川楓です。
Youtubeでゲームの実況や色んな実験の動画を配信したり、instagramでお気に入りの商品の紹介や旅行の写真を載せたり、好きなことや楽しいことで誰でもお金を稼ぐことができる時代になりました。有名になればお金もたくさん稼ぐことができるので、すごく夢がある職業ですよね。そんなYoutuberやインスタグラマーとしてお金を稼ぐにあたり、まず頭にいれておいてほしい基本中の基本を解説していきます!

税金に要注意!

まず何より注意しなければいけないのが、税金です。Youtubeやinstagramで稼いだお金にも、もちろん税金がかかります。Youtuberやインスタグラマーが本業であればもちろんですが、会社員だったとしてもお給料以外に20万円以上の所得がある場合、確定申告をしなければなりません。
継続的にある程度の収入が見込める場合は、開業届を税務署へ提出しておくといいでしょう。これはこういう職業で収入を得ていますよという届出のようなもので、提出することによりYoutuberやインスタグラマーとして事業をやっているということをきちんと示すことができます。
そして、もう一つ税務署へ提出してほしいのが、青色申告承認申請書です。これを出しておくと、出さないでいるよりも税金を少なくすることができます。
税金まわりの手続は、何もせず放っておくとたくさん税金を払うことになったり損をしてしまう可能性が高いので、しっかりと準備しておきましょう。
※確定申告の仕方などは、『投資の儲けに税金ゼロ!?知って「トク」する確定申告』『初心者でも安心。 確定申告で気になるポイント』を参考にしてみてくださいね。

年金はどうなる?

税金の次にチェックしておいてほしいのが、年金。
お給料をもらっている会社員で、副業としてYoutuberやインスタグラマーとして活動しているのであれば、会社から支給されるお給料から社会保険料として年金も引かれているのですが、会社もやめて本業として活動していくとなると、年金は自分で納めなければなりません。今までは勝手に引かれていたものを、コンビニや口座引き落としなどで自分で支払っていかなければならないのです。
国民年金保険料は毎月約16,000円ほど。毎月となると高く感じるかもしれませんが、国民年金保険料は払わないと最悪財産が差し押さえられてしまうことも。
年金は将来のためだけでなく、突然のけがや病気で受け取ることができるものでもあるので、もし収入が少なくてどうしても払えないというときは、きちんと手続きをして支払の延期か免除をしてもらいましょう。

お金の管理が大事!

継続的に収入が得られるようになったら、大事なのはお金の管理。確定申告のためにも、家計簿だったり、なにか帳簿をつけるようにしましょう。
Youtubeやinstagramでの稼ぎが軌道に載るまでは出費の方が多いかもしれませんが、そういった撮影で使った小物やスタジオ代、飲食店代などは事業のための費用とすることができるので、レシートなどきちんと保管しておくようにしてくださいね。
お金の管理は、アプリやWebなどクラウド上でできるサービスがやはりおすすめ。スマホ上でいつでも処理や確認ができるので、撮影のために色々な場所へ飛び回っているYoutuberやインスタグラマーがお金の管理をするには、ぴったりのサービスです。
Youtuberやインスタグラマーとして稼いでいくとなると、お金回りのことを基本的には全部自分で処理していかなければなりません。
「やり忘れていて損をしてしまった!」なんてことがないように、初めにしっかりチェックしていきましょう!

この記事のライター

横川楓

ファイナンシャルプランナー(AFP)、経営学修士(MBA)。マイナンバー管理アドバイザーなどを取得し、平成生まれのお金の専門家/経済評論家として「お金のことを誰よりも等身大の目線でわかりやすく」をモットーに、みなさんのマネーライフをハッピーにするべく活動中。
一方で、アイドルと漫画が好きな普通の20代女子。最近は某探偵漫画のトリプルフェイスにはまり中。
【twitter】
https://twitter.com/yokokawakaede/

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「お金の勉強」をはじめたい!

まずは、無料WEB体験セミナー

自宅に居ながら資産運用の勉強がはじめられる。
気になるセミナーを選んで、授業を「体験」してみよう!

WEB体験セミナーを見る(無料)

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先


ページトップに戻る