FXトレード、損切り貧乏からの脱出法

2019年11月13日更新

わかっているのになかなか出来ない損切り。トレードをする上で、永遠のテーマのような気がします。トレーダーさんの中には、資金が豊富にあるので基本損切りはしないという人もいます。しかし、FX初心者が、「損切りしない方がいいのね!」と思ってしまうのは大変危険です。
しかし、損切りばかりになってしまい、資金が増えなければ、損切りするためにトレードしているのかと悲しくなってしまいます。

納得できるところで損切りを

FX初心者は、「損切りをどこでするか?」で悩んでしまうものです。私も過去に悩みに悩みまくりました。何ピップスで損切りをするとか、資金の1%以上の含み損になったら損切りするとか、損切りルールはいくらでもあります。
以前、FX自動売買ツールを使ったことがあって、1週間程は毎日コツコツと利益が積み上がっていたのですが、しばらく放っておいたら含み損が拡大していることに気がつき、改めて自動売買ツールの説明書を見たら、「このツールは基本損切りしません」と書いてありました(笑)。
とはいえ、口座資金がなくなりそうになったので、泣く泣く手動で損切りしたことがあります。この後、もしこのポジションを持っていたら、利確されたのかどうかを検証したら、3か月後に利確されていました。だからと言って、放っておけばよかったのか?といえば、それほど単純な話ではないですよね。
資金が豊富で、含み損の許容額を前もって計算してあればまだしも、何も考えずにポジションを持っているのは、シートベルトをしないで絶叫マシンに乗ってるようなものです。
それではどうしたらいいのでしょうか?
ポジションを持つ前に、損切りのポイントを明確に決め、その損切りに根拠があれば、納得して損切りができるはずです。私の場合、「トレンドが転換したところで損切りする」というルールにしているので、納得して損切りすることができます。
損切りばかりになっている人は、損切りポイントの根拠があいまいになっていることが多いと思います。例えば、「何ピップス逆行したら損切り」というのは、自分の都合であって、チャートの都合とは関係ないですし、「含み損が資金の1%以上になったら損切り」というのも、自分の資金の都合であって、チャートの都合とは関係ないですよね。
せめて、チャート分析に基づいた何らかの理由や根拠があるところで損切りをしないと、納得できないもやもやした感じになってしまうと思います。例えば、「レジスタンスラインをローソク足の終値が抜けたら損切り」といったようなものです。
「ローソク足のヒゲで損切りなってしまい、ヒゲで刈られなければ利確できてたのに!」と思ったことはありませんか?私は数えきれないほどあります。すごくもったいないですよね。
サポートラインやレジスタンスラインを超えたところに損切りを置いていると、ヒゲだけがラインを超えたのみで、終値はラインを抜けてないということがあります。よく損切りなってしまう人は、こういうところも気をつけるといいと思います。

損切り、エントリー、利確がワンセット

まず、ポジションを持つときに、損切ポイント、エントリーポイント、利確ポイントを決めていないのに、いきなりエントリーすることはおすすめしません。FXを始めた頃は、適当なトレードになりがちです。例えば、相場が勢いよく上昇したり下落しているところで、乗り遅れたくないと思い、思わずエントリー。
エントリーした後に、冷静になって、チャートをよく眺めたら、損切りポイントまで遠くて、利確ポイントは目の前だったなんてことも。こういうところでエントリーしないためにも、少なくとも損切りポイント、エントリーポイント、利確ポイントは予め決めておきましょう。
これを習慣にするだけでも、例え損切りになったとしても、なぜ損切りになったかを後から検証することが出来ますよね。自分のルールや手法に沿って、損切りポイントを決めていたにも関わらず、損切りになってしまった場合、やむを得ない損切りだったのか、あるいは損切りポイントの設定が良くなかったのかがわかるようになります。この気づきだけでも、訳の分からない損切りに合う回数は減っていくと思います。

まとめ

損切り貧乏になっている人は、損切りが自分の都合で損切りしてないか、チェックしてみてください。あくまでもチャート分析に基づいた損切りポイントであるかどうかが重要です。
そして、エントリーする前には、損切りポイント、エントリーポイント、利確ポイントにそれぞれ根拠を持って、ポジションを持つようにしてみてくださいね。そして、不幸にも損切りに合ってしまったら、どうして損切りなったのかを見直して、次のトレードに活かせるようにすると、損切り貧乏から脱出できるはずです。
株式投資で利益を出すのに必要な基礎知識を最短3ヶ月でマスターできる

この記事のライター

ソフィア

主婦&FXトレーダー。オーストラリア在住。
外資金融機関で10年超の経験後、FXトレードを独学、実践しながら、
FX初心者向けブログ「ソフィアのFXタイム」を運営。
ツイッターでは、楽しくFXが出来るようユーモアを交えながら、
オーストラリアの経済ニュースや社会のことも発信中。
【ブログ】ソフィアのFXタイム http://fxtimeok.net/
【twitter】https://twitter.com/imadesho_55

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

外貨投資・FXをもっと知るには?

外貨投資・FXスクール
体験セミナー

学べる3つのこと

FXで安定的に利益を得ていくには仕組みの理解と実践ノウハウが不可欠です。売買タイミングを見極め方やリスク管理の方法など、FXに必要な知識を凝縮して学べます。

受講料 無料
受講期間 申込みから3日間

申込みかんたん30秒!

ファイナンシャルアカデミーは
「お金の教養」を身につけるための
日本最大級の総合マネースクールです。

開講年数No.1|受講生数No.1|受講生満足度98.7%

※調査実施期間:2021年9月21日~2021年10月1日 ■開校年数:開校からの年数及び事業の継続期間 ■累計受講生数:開校から調査時点までの、講座受講申込者の総数。■受講生満足度:2021年上半期の有料講座が対象。当校調べ。■調査範囲:日本国内 ■第三者機関名:株式会社 ESP総研 調べ(2021年10月1日時点)


ページトップへ