メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

受講生の声

あやさん

お金の教養スクール2016年

懇親会をきっかけに、大切な仲間に、人生のパートナーに出会うことができました。

あやさん

会社員

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

まず最初に、私は一人っ子であることもあり、老後自分がどのように資金を貯めていったらいいのだろう…という不安がありました。お金のことについて、詳しい方から教えていただきたいなと思っていたのですが、FPは保険の勧誘みたいな…あまり良いイメージがなかったので、投資信託の取り扱いをしている会社に勤めている知り合いに話を聞き(始める前に、分散投資やドルコスト平均など、いろいろ基礎になる部分をみっちり講義をしていただいて、自分で納得をした上で)保険と投資信託を始めたんです。その時は、月々積み立てみたいな形と、一括で何十万円かを分散して投資する形を取って運用しました。その後、契約していた会社の商品ラインナップから投資信託がなくなる、つまり保険だけになるという話になり、結局解約することになってしまって。ただ、解約をする時にはもう利益が出ている状態だったので、何もしないより、やっぱり何かをすることによってお金を運用することで利益を得られるのだなと思ったんです。もっともっと勉強すれば、利益を取れるんじゃないかな、という興味、きっかけになりました。

次に、FXトレーダーをやっている友人に話を聞きに行きました。その友人は、FXで億単位のお金を稼いでいて、FXだけで生きているような人でメルマガも書いていたので、一番初めはメルマガを購読して勉強しました。他にも、貸会議室のようなところでみんなで集まってやるような授業も行われていて、テキストをもらっていたりして勉強を続けていた時に、東日本大震災が起こって。その時に、「なぜ自分がお金の亡者になってるんだろう」みたいなことを考えて、そんな自分がすごく嫌になってしまったんです。なので、一旦お金のことを考えるのをやめようと思って、投資もやめました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

投資信託もやめて、お金を運用したくてもどうしたら分からなくて、その後保険に入ったりもしたんですが、保険の人が勧められるものを買うしかなかったので、全般的に知識を持ちたいなと思っていたんです。

そんな時、ベネフィット・ワンというところのクリスマスイベントがあって、そこで勤め先の会社がブースを出したんです。その時に石田純一さんがスペシャルゲストのトークショーがあって、その場で石田さんが「今度、お金のイベントで自分がゲストとして話に行くんです」みたいなことをおっしゃっていたんですね。それで少し興味を持って、石田純一さんも会いたいなと思って(笑)、それをきっかけに、「お金の教養フェスティバル」に参加したのがファイナンシャルアカデミーとの出会いのきっかけです。

「お金の教養フェスティバル」の一番最後で、ファイナンシャルアカデミー講師の藤川先生が登壇されて、そこでお金の教養講座を知りました。受講料を見て、安くはない金額だったので少し悩んだのですが、講演で聞いた、収入のうち先取り貯金に2割、自己投資に2割を回すという話を思い出して、せっかくの機会だし、これまでお金に関することに興味はあったけれど自己流でしか学んだことがなかったので、全般的にお金のことを学びたいと考えて受講を決断しました。コールセンターに電話して、色々お話を伺った上での受講でしたが、特に、一般的な教養の部分にプラスαで投資についても学べるという点が、自分の中では良かったです。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

Webで受講をしていました。通勤が長かったので、電車の中でテキストを持って、1.8倍速ぐらいで音声を聞きながら受講しました。通勤時間で全24回をこなしましたね。また、特に興味がある回をピックアップして見たりもしていました。授業がバラエティ豊かなので、第1回から順番に受講しなくても大丈夫だったのもありがたかったです。例えば、行動心理が気になるなと思ったら、そこの回を受講してみたりとかですね。

私が受講を始めて一番驚いたのは「ローンを組めるということは、イコール信用があるということなんだ」ということでした。それまで「ローン=借金」だと思っていたので、「信用なんだ」というのは衝撃的でしたね。そこでお金に対する価値観が大きく変わりました。

受講している途中で祖母が亡くなり、遺産相続の問題が発生した時に、そのテーマの回のテキストを持ち出して使うというような活用もしました。辞書というか、そういう使い方とかもできるっていうのがいいですよね。Web受講で流して聞いていると、内容を忘れてしまうことが多々あるのですが、色々なライフイベントで都度必要性が出てくる知識なので、「お金の教養って、改めて深い内容だな」と思いました。マイホームも、情報を得るにあたって必要な知識を色々教えてくださったなと思います。ローンの金利など、絶対素人だと分からないと思いますし。

また、新しい授業だとiDeCoや確定拠出年金など、新しいテーマも盛り込まれているので、その点もとても良かったですね。お金の知識がないと、勧められたものを買ってしまうことが多いですが、きちんと学ぶことで自分の基準で選ぶことができるようになりますし、結果選択肢の幅がすごく広がったなあと感じています。授業で学んだ社会還元についても、多くはできないんですけれど、自分のお給料でできる範囲内でやってみようかなと思って始めてみて。自分にとっても気持ちが豊かになることなんだなと感じました。

私は何回か受講生懇親会に出席したんですが、それがすごく刺激的でした。「この人たち何者なんだろう」「株式投資や不動産投資をやっている人ってこんなにたくさんいるんだ」とか、これまで私どういう生き方してたんだろう…じゃないけど(笑)。そんな風に思いましたね。どうやったらこの人たちみたいになれるんだろうと。普通に生活していたらまず出会わないと思うんですよね。仲が良いお友達にお金の話をしても、「ふーん」ぐらいで終わるじゃないですか。「別に…。頑張って」みたいな(笑)。興味がある人たちとしゃべってる方がこちらも刺激を受けますし、さらにもっと学ぼうと思えるので、相乗効果になっていく気がします。

懇親会をきっかけに、そこでできた仲間とのLINEグループができたり、別の交流会に参加したり、飲み会に誘っていただいたりするようになりました。LINEグループのやりとりは活発で、「ビッグサイトでIRフェアのイベントがあるから行こうよ」とか、みんなでイベントに行って、その後に飲んだりとか、交流していますね。懇親会をきっかけに、今の主人にも出会い、結婚することができました。

今後目指していく未来

結婚を機に、夫婦で家計簿&保険の見直し、老後のシミュレーションなどを行っています。毎月の支出がどれだけあって、固定費どれぐらいかかるかを見て、その中から削れるのは何だろうっていうのを見ていって、例えば、携帯電話のキャリアを格安のにするとか、色々改善をしていったり。ファイナンシャルアカデミーの授業の資料を使って、老後の金額がいくらかかるか目標金額を設定して、逆算でら何年でどのぐらい運用したり貯めていけば…というシミュレーションをして。それで今NISA枠で積み立てをやっています。これからはiDeCoやっていこうかな、など色々考えてプランを立てているところです。保険の見直しももう1回しようと。私も主人も、基本的には保険は要らないという考え方なんですが、最低限とかの都民共済とかでいいんじゃない、ぐらいの感覚ではあります。

これからのことは、一緒に夫婦で考えていく感じだと思います。二人とも本当に投資が好きなので、毎月色んな投資関連のイベントが開催されているので一緒に行ったりしていますね。彼は不動産投資を熱心にしているので、不動産のセミナーあったら「行こうか」みたいな感じで。そこで得た知識を元に、また将来について話し合ったりしたいと思います。

スクール受講をきっかけに、お友達も本当にすごく増えましたし、興味を持てることが増えたので、受講して本当に良かったなと思っていますし、受講期間は終わっても、仲間というか、お友達との関係はこれからもつながっていくと思うので、これからも頑張って投資はしていきたいなと思っています。

あなたにとってお金とは?

お金の教養スクールについて見る

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]
ページトップに戻る