受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産長者グランプリ2022 不動産長者
不動産投資スクール2007年 IZUMI塾2010年

次なるステップへ大きく飛躍。2022年中に不動産保有額300億円を達成

あだっちさん 会社役員/愛知県

『ファイナンシャルアカデミー 不動産長者グランプリ』とは、『不動産投資スクール』『不動産投資スクールの各種ゼミ』『IZUMI塾』の現役受講生・卒業生を対象とした大きな成果を上げた方を表彰するコンテストです。

受講後の変化

Before
不労所得へのあこがれ
After
年間家賃収入4億9,000万円

history

  • 2006年

    30歳の誕生日を機に読書習慣を身につけることに

    何となく将来に不安を覚え、何か新たなことを始めたいと考えていた。とりあえず読書でも……という思いで読書習慣を始める

  • 2007年

    「金持ち父さん貧乏父さん」と出会い不労所得を知る

    読書習慣を続ける中でロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」と出会う。この本で初めて「不労所得」の概念を知ることに

  • 2007年

    泉代表の本で不動産投資が日本でも通用する事を知る

    金持ち父さんのノウハウは日本では通用しないと思っていたが、泉代表の本に出会い日本で実践してる人がいることを知る

  • 2008年

    不動産投資スクールの受講スタート

    自宅にて受講スタート。育児中の限られた時間のなかで時間を捻出し、2週間で全講座を見終える。不動産投資の魅力を知る

  • 6ヶ月

    念願の1棟マンションを購入

    念願の1棟目となるマンションを購入。築15年、駅徒歩5分、1億円、利回り8%、フルローンで購入

  • 2009年

    2棟目、3棟目のマンションを購入

    2012年までで計3棟のマンションを購入。名古屋市内の物件を、ほぼ全てフルローンで購入することが出来た

  • 2012年

    保有物件が増えたので資産管理会社を設立

    税対策及び、今後の展開に備え法人を設立する。より資産を盤石なものにしていく

  • 2012年

    複数の法人を使い、不動産をおよそ24棟購入

    2020年までで24棟の不動産を購入。途中、3棟ほど売却する。不動産での事業化が軌道に乗ってきた手応えを感じる

  • 2021年

    本業ビジネスの資本から、不動産事業会社を設立

    多角経営によって、本業の経営をより守りを固めていくために、本業も巻き込みながら不動産事業を進めていくことに

  • 2021年

    2棟のオフィスビル、3棟のホテルを購入

    総合計80億円規模の不動産を取得

  • 2022年

    不動産長者グランプリで、不動産長者に見事選出!

    2022年は5億円もの利益を獲得。「不動産長者グランプリ2022」で、最も大きな成果を出した不動産長者に選ばれる

  • 今後

    17棟のオフィスビル、レジデンスをバルクで購入

    総合計120億円規模の不動産を10月に取得予定。不動産保有総額が約300億円、年間家賃収入数十億円の規模を達成

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

私がちょうど30歳を迎えたとき、何か新しいことを始めようと思い、「月に1冊、本を読む習慣を持つ」という決めごとを作りました。その習慣のおかげでロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」という本に出会ったのです。この本を読んだことで初めて「不労所得」という概念を知りました。勤労所得以外で所得が得られるなんて!と、驚いたことを今でも覚えています。同時に不労所得に興味を持ち「不労所得を得たい」というひとつの目標が出来ました。ただ、ネットで調べても「金持ち父さん貧乏父さんの本の内容は日本では通用しない」という意見や、「不動産投資はリスクがあり危ない」といったネガティブな情報ばかりが溢れていました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

月に1冊の本を読む習慣を続けていくうちに泉代表が書かれた本と出会いました。そこで私はファイナンシャルアカデミーの存在を知ったのです。まず、泉代表の本を読んでみると「あれ?ネットのネガティブな情報とは違うぞ。」と感じました。そこには具体的な投資のノウハウが記されていて「これなら出来そうだ!」と思ったのです。当時はそういった情報は希少だったため、すぐにファイナンシャルアカデミーについて調べました。

ファイナンシャルアカデミーの不動産投資スクールの受講料は数10万……。当時の私にとっては大金でした。ただ、HPに載っていた束田講師の言葉に背中を押されたのです。「あなたは今持っている数10万でグアムに行くことが出来ます。しかし、それで行けても、たった1度だけですよね。しっかり投資について学び、実践すれば、この先何度でもグアムに行けるようになれるでしょう。」私はこのひと言で『受講する』をクリックしたことを、今でも鮮明に覚えています。思い返すと何て単純なんだろうと思いますけどね(笑)でも実際にその後の私は、何度でもグアムに行けるほどの資産を築きました。今でも泉代表、束田講師のいるファイナンシャルアカデミーのおかげだと思っています。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

関東圏に住んでいないので、自宅から全講座を受講しました。当時の私は2才と幼児2人の育児の真っ只中でしたので、子供を抱っこしながら、寝かしつけながら……育児の合間を縫って受講しました。寝ている子供を起こしてしまわないようにヘッドホンをしながら受講していましたね(笑)また、当時のファイナンシャルアカデミーで受けることが出来た「融資講座」や「保険講座」、「リフォーム講座」など、受けられるものは全て受講しました。そして、受講した後は即実践です。これを繰り返していきました。物件探しでは、町の不動産屋さんから、三井のリハウス、ミニミニなど、そこら中の不動産に足を運んだ覚えがあります。

念願の1棟目の物件と出会ったのは、講座を受講して半年後だったと思います。地元の物件で1棟マンションで今でもその物件は所有しています。

不動産長者になれた理由

私は運が良いと思っています。まず、ファイナンシャルアカデミーと出会って不動産投資のノウハウを身につけられたこと。そしてもうひとつは、不動産投資がしやすい環境であったことです。私の父は中小企業のオーナーで私は2代目でした。つまり様々な面ですでに「土台」があったのです。また、父から会社を引き継ぐ前の数年間、金融機関に勤めて金融ノウハウを得られたところも大きかったと思います。

不動産投資を始めて10年超、当初思い描いていた想像をはるかに超える実績を積むことが出来ました。両親の不動産個人事業や現在進んでいる不動産取得を含めると300億円を超える不動産を管理することになります。これもひとえに父の支えや、様々な人との出会いあってのことだと心からそう感じています。

今後目指していく未来

私の本業は不動産事業ではありません。あくまで本業がありビジネスオーナーでもあります。不動産事業は、その大切なビジネスを「守る」役割を担っています。会社を経営する上で最も大切なことは「未来永劫、潰さないこと」だと思っています。経営を盤石にするために不動産投資は欠かせません。今後、私は複数のビジネスオーナーになる予定ですが、そのビジネスを守るためのひとつの選択肢として不動産事業を続けていきたいと思っています。

あなたにとってお金とは?

ドライに聞こえるかもしれませんが、あくまで選択の幅を拡げる「ツール」だと思っています。その「ツール」の使い方は人それぞれで、また使い方と使う人の「人間性」はニアイコールだと思っています。自身の人間性にこれからも磨きをかけていけたらなと思っています。

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る