ホーム受講生の声池田 亮さん
LINEで送る

受講生の声

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産投資スクール2015年
お金の教養スクール2015年

30代で受講を開始、6年目でFIRE達成。不動産投資はゲームのように楽しい!

池田 亮さん

経営者/役員

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

私が投資について考えるようになったのは「自社株」がきっかけです。社会人になり、同僚に勧められるがまま、毎月、何の期待もなく続けていた自社株購入ですが、入社して数年後、幸運なことに会社が上場し、そのタイミングで大きな利益を得ることになります。それを機に、株式投資に興味を持つようになりました。最初は全く知識がなかったので、まずは本を4、5冊読んで独学でスタート。当時はちょうどアベノミクスの走りだったこともあり、順調に利益を出すことができました。株式投資で出た利益は「将来のマイホーム購入資金に充てよう」と堅実に考えていました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

2015年、結婚を機にマイホーム購入を考えるようになりました。ただ、知識があまりになかったため、まずは勉強しようと、妻と一緒にインターネットで住宅購入に関するセミナーを検索。そこで偶然出会ったのが、ファイナンシャルアカデミーでした。

実はこれと前後して、『誰も教えてくれないお金の話』という書籍を読んでいたのですが、その本にアドバイザーとして登場する「泉さん」が、偶然にもファイナンシャルアカデミーの創設者で……。自分の頭の片隅に残っていた書籍の登場人物と、たまたま出会った学校がクロスするなんて。このことに強く縁を感じ『お金の教養講座』を受講することにしたんです。

受講した感想は、一言で言えば「衝撃」でした。不動産投資について初めて学び、「努力次第で会社に縛られない生き方を手に入れられる」と知り、それならぜひ勉強してみたい!と思いました。そして、その場で不動産投資スクールへの入学を決意したのです。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

不動産投資スクールでは、不動産投資のことをイチから教えてもらえるので、初心者の自分でも理解しやすかったです。また、束田先生の軽快なトークも相まって、授業はとても楽しく、スクールに向かう道中は、毎回とてもワクワクしていたことを覚えています。

スクールでは、マイソクの見方やシュミレーションの立て方、業者さんや銀行との付き合い方など、様々なことを学びました。勉強と並行して、授業で学んだことを実践していたので、授業後に束田先生に実践状況を報告してフィードバックをもらうことで、知識を自分のものに落とし込めたと感じています。学んで、実践して、フィードバックをもらって、さらに実践する・・・。このサイクルを繰り返すうちに、業者さんや銀行の担当者からも「この人は不動産投資のことをちゃんと分かっている人だ」と、素人扱いされずに接してもらえることが多くなり、自分の成長を感じることができました。勉強と実践のサイクルを繰り返せば繰り返すほど、面白みはどんどん増していきましたね。

本業はシステムエンジニアで、仕事は忙しかったのですが、当時は仕事から帰って夜中の1時頃から3〜4時頃まで勉強するという生活を続けていました。それでも全く苦ではありませんでした。誰かから強要されたわけではなく、主体的にやっていたので、勉強は遊びと同じ。言うならば、自分の属性や資産を活かして、知識を武器にお金を増やしていくRPGゲームのような感覚でした。私にとっては、ファイナンシャルアカデミーでの学びは、ゲームでいうところの「攻略本」です。例えば、リスクのある物件を見つけた場合でも、攻略本を読んでそのリスクに値段を付けられれば怖い事は何も無くなりました。その値段以上に安く買えれば問題ないということですからね。不動産投資で起こることは、ほぼ全てが事前に想定することができるので、あとはキャッシュフローを得る楽しみがあるだけと考えています。

不動産投資の知識は、2年ほどで知識の賞味期限を迎えてしまう本業のIT業界と違って、一度身につければ長く使い続けられるところが本当にいいですね。勉強したことが全く無駄にならない。これも、不動産投資の大きな魅力のひとつだと思っています。

現在では6棟物件を所有し、キャッシュフローも十分得られるようになりました。目標であった「サラリーマン卒業」は、受講して6年経った2020年に達成。今は家族と一緒に、時間にゆとりのある理想的な生活を送れています。

今後目指していく未来

不動産投資の勉強を始めて、一つ気付いたことがあります。それは「努力とは、何かを我慢したり、苦痛に歯を食いしばりながら頑張ることでは決してない」ということです。不動産投資の勉強を開始した頃は、夜遅くまで勉強をして、週末には現地視察に行ったりしていたのですが、とにかくワクワク楽しみながらやっていました。世間的にはこういった行動を「努力」と呼ぶわけですが、私には全くそんな感覚はなかったですね。きっと不動産投資が向いていたんだと思いますが、これはサラリーマンとして平々凡々に生きていくだけでは、絶対に気づけなかったことです。そのきっかけを与えてくれたファイナンシャルアカデミーには、本当に感謝感謝です。

今後は、不動産の規模をもう少し拡大すると共に、自分に合っていて、楽しい努力ができる仕事にも出会いたいなと思っています。システムエンジニアの仕事は好きでしたが、年数を重ねるごとに手を動かすことから離れてしまい、人やお金の管理がミッションになってしまったんです。会社に長く勤めている以上、仕方のないことなんですが、それはあまり好きではない領域だったんですよね。

現在は1歳半の子どもがいて、普通のサラリーマンでは考えられない貴重な時間を家族と過ごせているため、とても幸せです。大切な家族、大好きな不動産投資、そして自分の適性にあった仕事、この3つを最高のバランスで楽しめる人生を送りたいと考えています。

あなたにとってお金とは?

心の平穏とワクワクを得るためのツール

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る