受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産長者グランプリ2022 特別PROFIT賞
不動産投資スクール2013年

知識ゼロで負った200万円の痛手から一変!年間利益1,000万円の大家に

コウスケさん 会社員、会社役員/神奈川県

『ファイナンシャルアカデミー 不動産長者グランプリ』とは、『不動産投資スクール』『不動産投資スクールの各種ゼミ』『IZUMI塾』の現役受講生・卒業生を対象とした大きな成果を上げた方を表彰するコンテストです。

受講後の変化

Before
過剰なリフォームで200万円失う
After
年間利益1,000万円の大家に

history

  • 2009年

    父が亡くなり、住んでいた自宅を貸し出すことに

    父が亡くなった後、住んでいた自宅を貸し出すことに。右も左もわからず、貸し出し前のリフォームに200万円をかけてしまう

  • 2012年

    無料体験セミナーを受講。不動産投資の印象が変わる

    ファイナンシャルアカデミーの無料体験セミナーを受講。不動産投資が実は自分に合っているかもしれないと気づき、入学を検討

  • 2013年5月

    不動産投資スクールの受講開始。体系的な学びを得る

    後に海外転勤を控えており、その前になにかアクションをしたかったため、受講期間中はとことん学びを定着させることを心がける

  • 2014年

    スクールの知識を活かして自宅購入。そして海外転勤

    スクールでの学びを活かし、将来貸し出すことを想定し、賃貸としての価値も兼ね備えている自宅用の区分マンションを購入

  • 2015年

    海外にいながら妻と連携し1棟目のアパートを購入

    海外転勤中に何気なく出身県の調査をしたところ、目を引く利回り・金額のアパートを発見。日本に居た妻と連携し、無事に購入成功

  • 2018年

    海外から帰国し、本格的に不動産投資活動を再開

    帰国後に活動再開するも、融資がなかなか出ず苦戦する。築古のアパートを現金買いするなどして少しずつ歩みを進める

  • 2019年夏

    地銀から念願の融資を得るも、アクシデント発生

    ようやく融資の内諾を得るも、購入予定のアパートの売主が売却を取りやめる。悔しさのあまり手紙まで送るが願い叶わず

  • 2019年冬

    利回り36%のバルク売りアパートの購入と法人設立

    バルク売りのアパート4棟を購入。規模が大きくなってきたため妻名義で法人も設立し、夫婦協力体制で規模を拡大させていく

  • 2020年

    7棟目にはコロナの影響が。スクールの学びで対処

    さらに7棟目のアパートを購入するもコロナの影響で空室が続く。不動産投資スクールで学んだ空室対策を試みて、起死回生を狙う

  • 2021年秋

    3人目の子どもが誕生し、2か月間の育休を取得

    不動産投資の収入が安心材料となり、2か月間の育休を取得。育児に励みながら電気工事士の資格も取得し、充実した時間を過ごす

  • 2021年冬

    8棟目のアパートを購入。所有物件は8棟60戸に

    新たに鉄筋コンクリートのアパートを購入。コロナ禍にも関わらず満室経営をキープ。この時点で所有物件は8棟60戸に到達

  • 今後

    上限なく規模を広げながら、家族との時間を大切に

    可能性は未知数!今後も規模を広げながら、新たなビジネスへの挑戦も視野に。また父として幼い子どもとの時間を大切に過ごしたい

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

2009年に父が亡くなった後、それまで父と一緒に住んでいた自宅を貸し出すことにしたのが不動産投資の始まりでした。まずは内装を綺麗にしようと大手の会社にリフォームを依頼したのですが、知識がまったくなかったので自宅用レベルのしっかりとしたリフォームを依頼してしまい、結果200万円もかけてしまうことに……。
その後、当時彼女だった妻が投資に興味があり、彼女が持っている本を読んでいくうちに少しずつ投資に興味を持つようになりました。自分でも自主的に投資関連の本や雑誌を手に取るようになりましたが「投資といえば株式投資や投資信託だよね」というイメージがあり、この時点では不動産投資にまで考えが及ばず……あの有名な「金持ち父さん貧乏父さん」ですら不動産投資の話だということに気づかずに読んでいるような状態でした。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

図書館で投資の本を探す中で、ファイナンシャルアカデミーの講師の方が出版している本を見つけました。そこで初めてファイナンシャルアカデミーという投資の勉強ができる学校があることを知り、無料の体験セミナーを受講しました。そこで不思議と、これまで気にかけていなかった不動産投資に対して「いいな」と感じるようになり、株式投資や投資信託よりも自分に合っているのではないかと思えたんです。なかでも安定的に入ってくる家賃収入の話は魅力的でしたね。
その後、不動産投資スクールに通うことを真剣に検討しました。受講するメリットを色々と考えましたが、ここでしっかりと不動産投資について学べば、不動産投資だけでなく将来自宅を買う際にもきっと役立つだろうと思いましたので、妻にもそのことを相談したところ「ぜひやればいい」と心強く背中を押してもらい、晴れて受講することができました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

平日の仕事帰りに、週1回のペースで教室受講をしていました。また教室に行けない時はオンライン受講を活用していました。オンライン受講は自分が受講している横で妻も一緒になって授業を聞くことができるので、夫婦そろって不動産投資への理解を高められたりもしました。 私は何事もくまなくやっていかないと気が済まない性格なので、基本を隅々まで体系的に学ぶファイナンシャルアカデミーのスタイルはとても合っていたと思います。教室受講もオンライン受講も、満足のいくまで繰り返し受講しました。
またこの頃、近い将来仕事で海外転勤になることがわかっていたので、しっかりここで学びを定着させ、海外転勤する前になにか行動に移したいという思いから、将来貸し出すことを想定し、投資基準にあった自宅用の区分マンションを購入しました。利回りを計算したり、不動産屋に交渉して数百万値引きしてもらうなど、早速スクールでの学びが役に立ちました。
海外転勤中も、地方の収益物件を探し、出産のため日本に居た妻と協力してアパートを購入したりしました。その物件は長らく満室状態を継続していましたので、できることは限られている海外転勤中でも着実に自己資金を増やすことができました。
帰任後は表面利回り36%のバルク売りのアパートを購入したり、資産管理法人を設立したりと、精力的に不動産投資を行ってきました。もちろんずっと順風満帆だったわけではなく、融資が通らないことや、空室が発生して苦しむ時期もありましたが、不動産投資スクールでの学びがあったことで対処に迷うことなく判断することができ、その結果、現在は8棟60戸の物件を所有し、安定した家賃収入を得るまでとなりました。

不動産長者になれた理由

理由はいくつかあります。まずは、起業家やFIREを達成するような力のある人は、不動産投資の延長上にいると気づいたことが大きいと思います。最初は不動産投資への興味が薄かった私ですが、今では自分でいかようにもできる、まさに「経営する」という部分が不動産投資の魅力だと感じてます。このまま不動産投資を突き詰めていけば、仮にサラリーマンを辞めたとしても何一つ不自由ない生活を送ることが可能になると信じています。
また私の場合、妻の理解があることも大事な要素でした。投資に興味を持つきっかけをくれたり、ファイナンシャルアカデミーに通うことを後押ししてくれたのも妻なので、感謝してもしきれません。またSNSを通じて様々な人と交流することも、情報量や視野が広がるので、欠かせない要素の一つかなと思います。

今後目指していく未来

今後数年はサラリーマンを続けつつ、不動産投資の規模を拡大しようと考えています。上限は特に決めていませんが、子供の教育費、住宅ローン、アパートの入れ替え費用などあるので、しばらくは収入の安定感を大事にしていきたいと思います。
また不動産賃貸業だけにとどまらず、それ以外のビジネスにも挑戦してみたいです。 なにをやるかはハッキリ考えていないのですが……とにかく気持ちはワクワクしています。以前の自分ではこんな感覚になることはありませんでした。不動産投資が経営の面白さを教えてくれたのだと思います。 私生活の面では、3人の子どもがいますので、強固な収入の柱を作って、お金や時間に焦ることなく子どもたちの成長を見届けられる生活にしたいですね。幼いうちにしか一緒にできないこともたくさんあると思うので、そんな時期に悔いのないよう、家族との時間を大切に過ごせたら嬉しいです。

あなたにとってお金とは?

ただのツール、数字として考えるようにしています。

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る