まずは無料WEB体験 メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 月〜金|9〜21時・土日祝|10〜19時 0120-104-384

ホーム受講生の声コロンさん
LINEで送る

受講生の声

コロンさん

株式投資スクール2017年
信用取引トレーニングゼミ2020年
お金の教養スクール2020年

労働以外の収入源を持てたことで、好きな仕事に全力で取り組める自分になれた

コロンさん

医療関係技術者

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

社会人になるタイミングで一人暮らしを始めました。会社員として給料を得て、そこから毎月生活費を工面して…必然的にお金について考える様になったのです。投資について具体的に考えだしたのは、社会人2〜3年目のころでした。それまでも先取り貯金などはしていたので、目の前の生活費に困るといった状況ではなかったのですが、キャリアを積むにつれ、自分の中で徐々に「将来に対する漠然とした不安」が募り始めました。

私は医療関係の技術者の仕事をしていて、幅広い年齢の方と関わるのですが、その中で、40代〜50代といった家族を養う必要のある現役世代の人でも病気になり、それまでの様に働けなくなってしまう姿を目の当たりにしました。ましてや私の場合は、今流行りのリモートワークが出来る業種ではないので、病気や怪我をすると仕事に行けなくなります。「自分も、もしも働けなくなったら…」と思うと、とても不安に感じました。これが、投資に興味を持った1番の理由です。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

初めての投資は、NISAで投資信託から始めました。実はこのときから株に興味はあったものの、周りに株をしている人や、相談する相手がいなかったこともあって、ただ漠然と株式投資はコワイというイメージが強く踏み出せませんでした。しばらくは投資信託を運用していたのですが、当初自分が投資を始めようと思った理由の、「急に働けなくなったとき」の備えとしては、投資信託だけでは心もとない。もっと「自分自身でお金を作れるスキル」を身につけなければいけないと思い、真剣に投資について調べ始めました。

そんな時、インターネットでファイナンシャルアカデミーの体験会「お金の教養講座」を見つけて、早速受講しにいきました。教室には40〜50人くらいの受講生がいて、やっぱりみんな投資の勉強しようと思っているんだなぁ感じたのを覚えています。そこで、色々な投資スタイルを聞いて、「自分には株が向いていそうだ」と感じました。

これまで「株=コワイ」と思っていたのは、株式投資を実践する具体的なイメージが持てていなかったからだと気付きました。体験会で、株の基礎知識を学んだことで少なからず恐怖感が減り、「面白そうだ、やってみたい!」と、一歩踏み出す気持ちになれました。そして株式投資スクールへの入学を決めました。授業料の約30万円は決して自分にとっては安い金額ではない。でも、将来ずっと活かせる知識やスキルを身につけられるという、得られるリターンを考えれば、30万円以上の価値があると思いました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

初めの頃は、授業で習った「3つの基本」に当てはめながら、優待品目当てで銘柄選びをすることが多かったです。大手飲料メーカーの株を買ったのですが、単に株を持っているだけでオマケみたいに優待商品をもらえることが嬉しかったです。また優待は株主の特権であることも実感しましたし、株ビギナーにとってはモチベーションも上がりましたね。

少しずつですが利益も出して、楽しみながら株式投資をしていたのですが、1年が過ぎた頃、悲劇が起きました。当時、半導体関連の株を所有していたのですが、アメリカ・トランプ政権の中国との貿易摩擦により、まさかの影響をうけました。完全に予想外でした。しかも、影響が現れているにも関わらず、この時、私は「業績は良いのだから、すぐに戻るだろう」そう思っていたのです。この考えが失敗の原因で、売るタイミングを逃し塩漬け状態となりました。結果的に大損失です。まさに先生も言っていた「会社にホレるべからず」で、損切りの大事さについて、授業でも散々学んでいたことですが、実体験をすることで、更に身に染みました。そして、失敗の原因がハッキリとわかっていたので「絶対にこのまま失敗では終わらせない」と心に決めました。

そして、ある日、信号待ちで運命の出会いをしたのです。
運転中の信号待ちで、ふと、「あれ?信号機ってこんなにかっこよかったかな…?」と、信号機の形が変わっている事に気づきました。昔は信号機の電灯部分に大きな傘の様なものがついてたのに、最近のものは薄くなっていて、カッコよくなっている…!それから四季報ですぐに調べて信号機を扱うメーカーの株を1050円で購入しました。すると、株価は瞬く間に成長して4ヶ月後には約1500円まで上がりました。更にちょうどその頃、コロナウィルスの騒動が始まり、下落トレンドになったので即売却。以前の失敗経験を活かし、ベストタイミングで利益確定ができました。

こうやって、「日常生活にヒントがある」とうスクールでの学びを元に、お宝銘柄を見つけ出すことが出来たこと。これまでに経験したことのない「コロナショック」に対しても、学びに忠実にしたがって冷静に判断できたこと。これが自分の中でひとつの成功体験となり、自信にも繋がりました。

今後目指していく未来

投資を始めたことで毎日が楽しくなりました。常に、投資家目線で世の中の動き、価値の有るものに興味を持つようになり、それまで絶対に自分は読まないと思っていた「日経新聞」も、今では毎朝読むことがルーティンとなり、ない生活は考えられません。そして、どんな時間も「何か発見ないかなぁ」というアンテナを立てていることで、日常の思わぬところで、お宝に出会えることを知りました。それだけで、何気ない日常もワクワクして過ごせています。

また、投資仲間に出会えたことも大きいです。それまで、投資やお金についてオープンに話せる相手がいなかったのですが、受講生コミュニティのLetus(レタス)で出会った仲間とは、気兼ねなく相談しあえます。仲間の存在が、投資を長く続けていける秘訣のひとつだと思っています。

投資を始める前は「もし働けなくなったら…」と将来が不安だった私ですが、今は労働収入以外にお金を生むスキルを持てていることで、好きな仕事に全力で取り組める自分になれています。株式投資は長い人生の中で、年齢に関係なく続けられるものだと考えています。これからも自分の人生の不安を少しでも取り除いたり、日常に彩りを与えてくれるものとして、自分自身もっと投資家として成長していきたいと思っています。

あなたにとってお金とは?

道具(モノ)

お金は人の人生に大きな影響を与えるモノで、良くも悪くも、お金によって大きく人生が変わってしまう事もあると思います。しかし、私はお金はあくまで自分の人生を謳歌するための道具(モノ)だと思っています。お金は道具(モノ)なので、「使い方次第で自分の人生が良くも悪くもなる」と思います。

株式投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る