ホーム受講生の声工藤 譲さん
LINEで送る

受講生の声

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産投資スクール2016年

受講から2年、20代でFIRE達成!投資家、起業家として次なるSTAGEへ

工藤 譲さん

個人事業主

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

今の時代には珍しいかもしれませんが、私はハイエンドな暮らしへの憧れもあり「たくさん収入が欲しい!」と思っていました。そのための手段として真っ先に思い浮かんだのは「本業を頑張ること」。当時は労働収入以外の選択肢を全く知らなかったので、社会人になってからはとにかく熱心に働きました。しかし数年が経ち、様々なことを経験する中で、「いくら仕事を頑張ったところで、その延長線上に自分の望む未来はないのではないか」と徐々に疑問を抱くように。そこから勤務先のことやお金、投資について真剣に調べるようになり、やがて自分の疑問は確信へと変わり、本業以外で収入を得る方法を模索するようになったのです。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

ファイナンシャルアカデミーの存在は、母からの話で知りました。母はというと、ファイナンシャルアカデミーの新聞広告をたまたま見た父との会話で知ったそうです。株式投資スクールの体験セミナーに参加した母は、その内容に大変満足し、続けて不動産投資スクールのセミナーにも参加したようですが、そこでふと息子の顔が思い浮かんだようです。「私は株式投資に興味があるけれど、不動産投資はあなたの方が向いているんじゃない?」と。

実は以前にも母から不動産投資を勧められたことはあったんです。ですが、その時の話は「毎週、ちゃんと物件を見に行けば良い物件が見つかるらしい」というもので……。当時は仕事に全力を注いでいた頃だったため、「さすがに毎週はきつい」と真剣に考えることはありませんでした。しかし今回は、仕事以外で収入を作りたいと考えていたタイミング。二つ返事でセミナーに参加することにしたのです。

参加した体験セミナーでは、担当の束田講師の熱意ある話に魅せられ「これは絶対やってみたい!!」とその場で申込書を書きました。特に魅力的に感じたことは、不動産投資では、物件一つ一つが収益のストックになるということ。「これくらいの規模の物件を○件買えば、今の給料に匹敵するんだ!」と、具体的な収入がイメージできて、すごくワクワクしたことを今でも覚えています。ちなみに、受講料は母から資金調達しました。不動産投資で成果が出たので、今では無事返済も完了しています(笑)。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

イメージしたとおり、不動産投資は非常に面白く、夢中で学びました。当時は、収録受講と教室受講という2つの学び方がありましたが、ハマると一気にやりたい自分には、倍速で好きなだけ見られる収録受講がすごくあっていました。ファイナンシャルアカデミーに出会うまでは、本業を頑張ることが自己実現につながると信じ、200%の熱量で仕事に打ち込んでいましたが、ファイナンシャルアカデミーに出会ってからは一変。「不動産投資のほうが自己実現の可能性が高い!」と強く感じ、熱量の矛先を不動産投資にシフトさせ集中しました。

具体的には、全体像を掴むために授業動画を2倍速ですべて視聴し、2周目からは視聴→実践を繰り返しました。通勤時間中も物件チェックや資料請求をし、昼休みや帰宅後には毎日シミュレーション。週末も特別な予定がない限りは毎週現地調査へ行きました。今振り返ると、現地調査は色々なエリアに行きすぎて無駄撃ちしたなと感じますし、たまには活動が面倒に感じることもありましたが、束田講師の「不動産投資は数のゲームで、いかに早く1,000戸みるかの勝負」「天候が悪い日に現地調査に行くと運が貯まる」「毎週物件を見れば投資家と名乗れる」といったユーモアのある言葉に励まされ、行動し続けられたと思います。

不動産投資の知識を得て、予想外に気になり出したのが月々の家賃でした。当時は会社近くの賃貸マンションに住んでいたのですが、どれだけ払ってもその家が自分のものになるわけでもなく、ただただ払い続けるだけの10万円弱の家賃が許せなくなってきたのです(笑)。そこでマイホーム用物件を探したのですが、希望額の融資が下りなかったこともあり、実家へ戻って投資資金を貯める方針に変更をしました。

活動を始めて4ヶ月。行動する中で様々な課題に気づくこともできたので、良い業者を味方につけて物件を紹介してもらうという戦略に変更しました。その戦略が功を奏して、学び始めて7ヶ月後には初の物件購入に成功!自分の融資だけでは少し手が届かなかったので、家族に協力してもらい父との共同融資で購入しました。図らずも不動産投資をきっかけに、家族での会話が増え仲が良くなったように思います。

2棟目以降も両親が協力をしてくれて、順調に規模を拡大。今では年間の家賃収入が1,500万円を超え、会社員も無事卒業。憧れの起業家としての一歩も踏み出すことができました。

今後目指していく未来

不動産投資のおかげで、お金の「増やし方」の能力は向上させることができました。しかし、お金は増やすだけではなく「稼ぎ方」も大切だと考えています。今のところ、不動産投資で順調に成果を出せていますが、金融機関からの融資で成り立っている以上、別の収入源も作っておかないと盤石ではないと考えています。会社員を辞めた後は、あえて不動産投資の活動をセーブし、個人で収入を得るためのスキル習得に時間やお金を投じてきました。そちらも最近ようやく形が見えてきたので、仕事と不動産投資の2つの柱で、人生の経営を安定させていたいと考えています。

もう一つ成し遂げたいことは、ファイナンシャルアカデミーが提唱している「お金の教養ステージ」のステージ5になることです。2017年11月から、ことあるごとにチェックをし、自分のお金の教養ステージを観察・分析してきました。初めてチェックした時は、ステージ3でしたが、5年経った今、ステージ4とステージ5のポイントが同等にまでなっています。稼ぐ力を強化することで、お金の教養ステージを5にランクアップさせ、ファイナンシャルアカデミー代表の泉さんが、著書の『お金原論』でおっしゃっているところの「お金が空気である状態」にまでなりたいです。

以上2つは自分自身のことについてですが、最近ではこれに加え、不動産やコーチングに関する知識を必要とする誰かのために届けたい、という想いも持つようになりました。自分のことで精一杯だった頃には考えられなかったことですが、無理のない形で少しずつ、社会還元していければと思っています。

あなたにとってお金とは?

「数字」(良いも悪いもない)

不動産投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る