メニューボタン
マイページ

お電話でのお問い合わせ 10時〜19時 0120-104-384

お問い合わせ カートを見る

東京・大阪・ニューヨークで運営するお金の学校です。年前に創立し、これまで延べ万人の受講生が、家計管理から経済新聞の読み方、正しい資産運用などお金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に受講しています。

お金の教養講座

年間3万人以上が受講する当校の定番講座。お金の貯め方から効果的な家計管理など、日々のお金の悩みから解放されるためのエッセンスを短時間で効率よく学べます。

お金があると幸せというより、『幸せになれる選択肢が増える』

  • 経済的不安から解放されて、ふたりの理想を叶えることができました。30代夫婦
  • お金の教養が高まり、付き合う人の層も変化しました。30代男性
  • もう一本のロープができて心に余裕が生まれました。40代男性
  • マネーを学んで、お金の管理が楽しくなりました。20代女性

ホーム > 受講生の声 > 清水 賢司さん

受講生の声

不動産投資スクール2017年

実践的な宿題をこなしているうちに、不動産購入のためのノウハウが身につきました。

清水 賢司さん

保健師

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

子どもの頃からしていた銀行や郵便局の積立貯金に加えて、社会人になってからさらに大手銀行など取引先を増やして3つぐらいの銀行で積立貯金をしていました。それである程度資金ができたいたのですが、日本の経済が落ち込んだ時期からゼロ金利になってしまって…貯金していても全く意味がない、お金が増えていかない、ただ銀行にお金を置いておくだけ置いておくだけになってしまったんです。

それ以前は、銀行に預けていたらお金が増えていっていたのですが、このままじゃダメかなと思ったのが投資に興味を持った始まりでした。そして、経済が変わってきたことをきっかけに、投資関連の本がどんどん出てきていて、そんな本も読んでいるうちに、銀行に預けていたお金を投資に回せないかと思い始めたんです。知り合いからの話を聞いたりして、投資信託や外貨など、ちょっとずつ預金を投資に回していくようにしていきました。積み立ての投資信託と、外貨預金(米ドル)から始めました。かなり金利が良かったので、それをずっと続けていて。結局そのまましていたのですが、また経済が動いたタイミングでそのお金も動いたんですね。良い時は良かったですが、リーマンショックなどを境に悪くなると一気に減ってしまって…でも何もできずにただ見ているだけでした。ただ、じっと待っていると上がってくる局面もあって、待つことの大事さも経験したので、投資についても焦ってやる必要はない、でも必要性は感じるので勉強を始めてみようと思いました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

色々な本を読んでいると、ある程度資金ができたらその資金を預金ではなく投資に回そうということがセオリーのように書かれているので、そこを意識するようになりました。選択肢のひとつとして株式投資などもありましたが、知り合いから「(株式投資は)証券会社に相談に行くと、おすすめ銘柄などをバーっと紹介されて、勢いで買わされてしまう」というような話を聞いたことがあったので手を付けなかったですね。そんな時、また別の本から「資産を不動産に変えることで、今度はその不動産がお金を生む」ということを学んだんです。それは目からウロコだったのですが、なかなか実際に行動に移すことができなくて、どうやってやろうかなと考えていました。

その頃、マンションの建築ラッシュ時代が到来したのですが、欠陥マンションが多いとか、新築マンションを買っても結局ローンが残るとか、良い情報が入ってこなくて…色々問題が起きたりしているのを見てちょっと躊躇してしまって、一回不動産投資の検討を止めていたんです。独学で本を読み進めて学ぶうちに、中古物件であればうまくいくのではないかという考えに至ったのですが、それもなかなか手を出せずにいて、不動産投資について学べるところがあったらいいのになと思っていたところに、Webでファイナンシャルアカデミーを見つけたんです。

それでちょっと行ってみようかなという気持ちになったのと、ファイナンシャルアカデミーで学んだ話をブログに書いていた人がいて、その記事を読むと「ファイナンシャルアカデミーは中立な立場で、金融商品を売りつけたりしない」と書かれていました。不動産業者主催のセミナーなどだと、結局最後に営業されてしまうのがお決まりのパターンだということを知り、それは危険かなと思っていたので、ファイナンシャルアカデミーは営業をされる心配がないということもいいなと思って、興味を持ち、講座を申し込んでみることにしたんです。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

まず最初にお金の教養講座を受けてみて、そこで学んだことは「お金の貯め方」「サラリーマンとしての収入以外の不労所得を得る可能性」でした。自力である程度お金は貯めていて、お金を貯める習慣はついているので、投資で不労所得を得る方法についてもっと学びたいと思いました。株式投資、FX、不動産投資、と色々選択肢がある中で、まず興味を持ったFXの体験会に参加してみました。そこでFXの知識について学んだりデモを体験したりしたのですが、自分にはまだ難しい領域だなと思ってその先に進めなかったんです。次に興味を持った不動産投資の体験会に参加してみたところ、自分が学んでみたいと思える内容だったことと、不動産投資を始めるにあたって、方法論を学ばないと実践することもできないと思ったので、実際に不動産投資を経験している先生や他の生徒の話を聞いてみたかったですしファイナンシャルアカデミーは中立な立場で教えてくれるので変にマンションを売りつけられる心配もないという安心感もあって、不動産投資スクールで学ぶことを決めました。

スクールに通って良かったと思うのは、不動産投資を一緒に学ぶ仲間の存在です。先生が、授業の中で毎回5分間ぐらい周りの生徒と話す時間を作ってくださるのですが、他の人の話を聞くととても参考になることも多くて。なんとなく気軽に話せる雰囲気があって、「実際に物件探してます?」「どんな物件ですか?」とか色々聞いてみたり。不動産投資の経験者の方のお話だと、最初は話の内容が分からなかったりしましたが、だんだん分かるようになりました。

授業の内容がおもしろく、毎回出される宿題も楽しかったです。実際取り組めない時もありましたが、宿題がとても実践的で、不動産屋さんに飛び込みで物件の相談をしてみたり。そういう宿題を少しずつこなしていくうちに、知識やノウハウが身についてくるんですよね。また、不動産屋さんに実際に会っていくうちに、不動産屋さんの良し悪しもなんとなく分かるようになってきたり、担当者との関係性も築けてきました。埼玉の方で物件を探していたのですが、熱心な担当者の方がいて、わざわざ池袋まで来てくださったりして。授業でも「良い不動産屋さんと付き合っておくとよい」という話も聞いたので、その担当者に物件を探してもらったり、結果的に物件購入にもつながりました。

また、これまではお金は銀行に預けていて必要な時に下ろすということしかしていませんでしたが、資産をきちんと運用する方法を体系的に学ぶことができたということも良かったなと感じています。日本の経済的にも投資に追い風のタイミングだったので、学んだことがすぐに成果として現れてくれました。

今後目指していく未来

現在は、投資以外の仕事もしているので、その仕事が入ってしまうとなかなか自分のやりたいことに時間が取れないのが現状なのですが、仕事のバランスを変えていくことができれば、そのやりたいこととの両立ができるようになるので、徐々に仕事の割合を減らして、趣味の歌に割ける時間を増やしたいきたいと思っています。そこを両立するためには、不動産投資による収入を作ることで、自分のための時間を増やしていきたいです。

あなたにとってお金とは?

「お金とは人との繋がりを作る手段」

お金を使うことによって、人とのつながりが増えていくことを実感しています。 趣味である歌ひとつ取っても、発声やリズムの取り方など指導を受けるための受講費、どこかでセッションするとなったら移動費…私たちは色々な場面でお金を使いますが、その場面ごとに人が 介在しているんですよね。その場面を多く作っていけばいくほど人との繋がりも増えていきます。以前は出不精と言っても過言ではないぐらい外出することはありませんでしたが、投資を学んで、お金の使い方も知ったことで、周りの方に「どうしてそんなに変わったの」って言われるぐらい外向き志向になって、友人の数が劇的に増えました。なので、お金は人との繋がりを作る手段なんだと思います。

不動産投資スクールについて見る

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

問合せ前に受講検討者や受講生からの「よくある質問」もご覧ください。

よくある質問

問合せはメールでも受け付けております。事務局が対応します。

メールフォーム
  • 講座の申込み/講座内容や受講に関して

    0120-104-384受付:10-19時[月-土]
  • 各講座の日程変更・キャンセル

    0120-104-749受付:9-21時[毎日 ※年末年始を除く]
  • その他の問合せ

    0120-104-749受付:10-19時[月-土]
ページトップに戻る