ホーム受講生の声小寺 隆司さん
LINEで送る

受講生の声

小寺 隆司さん
株長者グランプリ2021 特別PROFIT賞

株式投資スクール2018年

教わったことを実践し、成果は2年で約300万円。視野が広がり、本業でも活躍!

小寺 隆司さん

会社員

history

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

製造業の営業として長年会社に勤め、投資とは全く無縁の生活を送っていた私に、転機が訪れたのは2017年12月。母親が亡くなり、相続をきっかけに株式と外貨を所有することになりました。当時は投資に対して全く興味がなかったので、突如、自分のものとなってしまった株と外貨を前に、これらをどう扱うべきなのか本当に困り果ててしまいました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

母から譲り受けた株のことが気になりながらも、季節は移り変わり迎えた2018年春。たまたま日経新聞を読んでいたら、ファイナンシャルアカデミーの広告に出会いました。何か意識的に投資を学べる場所を探していたわけではなかったので、本当に偶然の出会いでした。広告を見ると無料でいくつか体験講座を開催しており、教室にも行きやすかったため、まずは話を聞いてみようとすぐに講座を申し込みました。『お金の教養講座』はもちろん、株式投資スクールの体験セミナーなど、無料で受けられるものは一通り受講し、自分の中で一番興味を持てた『株式投資スクール』に入学することを決意しました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

授業で学ぶ内容は「新鮮」そのものでした。譲り受けた株は持っているものの、もともと知識があったわけではなかったので、授業で教えてもらったことを、とにかく一つ一つ着実に理解しながら実践するようにしました。取引についても授業での教えの通り、全て記録をつけ、このノートは自分の投資判断を振り返る良いきっかけになっています。投資を学ぶことは初めてでしたが、ゼロから学ぶ私にとっても授業はわかりやすく、先生方それぞれに個性があって面白かったので、仕事と学びの両立はそこまで大変ではありませんでした。どの先生の授業もすごく面白かったですが、私は特に森口先生の授業がお気に入りでした。

授業を受けるようになってからは、新聞の読み方も大きく変わりました。それまでは仕事に必要な情報のみ、たまに確認する程度でしたが、投資の実践を始めると、新聞がさまざまな企業の最新情報を入手できる有益なツールであることに気付き、今では毎日、日経新聞を愛読しています。また新聞とあわせて、それまでは全く無縁だった会社四季報も、定期的に購読するようになりました。本業である製造業のみならず、幅広い業界に対して興味を持てるようになったのは、新聞や四季報の影響が大きいですね。

会社員の私が株式投資を始めてとても良かったなと感じることは、利益獲得はもちろんですが、投資が本業にとってプラスに働くようになったことです。2020年頃からアメリカ株にも投資を始め、そこで半導体関連株を購入したのですが、その流れでアメリカだけでなく日本国内の半導体装置メーカーや関連企業の銘柄にも投資をするようになりました。このことをきっかけに、コロナ禍でありながら、本業の方で半導体関連企業との取引を新たに増やすことができました。投資で得た知見が本業に活かされたのです。お金も増えて、視野も広がる株式投資。本当に始めて良かったと思っています。

今後目指していく未来

順調にいけば、今年初めて、投資での利益が本業収入を上回りそうです。私は現在57歳ですが、このまま順調に成果を出し続けて定年退職後は投資と趣味に専念する人生を送ることが今の目標です。アウトドアが好きなのでキャンピングカーを購入し、思いつきであちこちに出かけては気まぐれで帰ってくる、という自由気ままな生活を送りたいです。

あなたにとってお金とは?

使えばそれ以上に返ってくるもの。
スクールでも教わったことですが、お金を得ることは決して目的ではなく、あくまでも手段だと思っています。ですので、ため込むことを考えず、良い形で循環させていきたいと考えています。

株式投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る