受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

株長者グランプリ2021 特別PROFIT賞
株式投資スクール2020年

年金額の試算は毎月赤字。一念発起し学習を始め、受講1年目にして300万円の利益

花輪さん 経営者

『ファイナンシャルアカデミー 株長者グランプリ』とは、『株式投資スクール』『投資信託スクール』の現役受講生・卒業生を対象とした大きな成果を上げた方を表彰するコンテストです。

受講後の変化

Before
定年後の生活に対する不安
After
受講1年で約300万円の利益

history

  • 2018年

    経営する学習塾の保護者会で、お金のセミナーを行う

    教育費に悩む保護者の助けになればとの想いで開催。これをきっかけに、証券会社との繋がりができ、株の中長期トレードを開始する

  • 2018年

    証券会社に勧められるがまま、株を購入

    知識はほぼゼロの状態で証券会社に勧められるまま、株の個別銘柄や投資信託を購入。今考えると恐ろしい投資をしばらく続けていた

  • 2019年

    老後2000万円問題。自分の年金額を知り呆然……

    ねんきん定期便で将来の年金額を調べてみると、治療中の病気の治療費が支払えないことが判明。試算すると月5〜10万円の不足

  • 2019年

    老後資金確保のため、新しいビジネスを始めるも苦戦

    老後資金を確保するため、現在の仕事とは別にビジネスが始められないかと模索するも苦戦。それを機に投資に本腰を入れようと決意

  • 2020年2月

    ファイナンシャルアカデミーに出会う

    証券会社の無料セミナーなど様々な講座に参加するも、求める知識は得られずじまい。ある日、ファイナンシャルアカデミーに出会う

  • 2020年3月

    株式投資スクールに入学

    無料体験セミナーに参加し、具体的な株式投資の知識が学べたことで、スクールへの入学をその場で決意!

  • 2ケ月目

    入学した矢先の緊急事態宣言。授業はオンラインに

    教室授業を想定していたが、チャットで質問できるZoom授業は予想外に良く、学習を始めたばかりだったが積極的に活用できた

  • 3ケ月目

    株売買を開始。初月で37万円の利益を獲得

    スクールで学んだ基礎知識をもとに売買を開始。取引履歴は日報に残し、自分の成果を客観的に分析。これは今でも継続している

  • 4ケ月目

    デイトレを中心に進め、月50万円を超える利益

    1日平均25000円を目標にトレードを進める。この月は50万円を超える利益を出した

  • 5ケ月目

    損切に失敗。初めて月の収益がマイナスになる

    順調だったが、ここにきて月の収益が初のマイナス。授業でも学んでいたが、逆指値を必ず入れる重要性を実感した

  • 9ケ月目

    寄付きで合計40万円以上利確。これは最高記録!

    1日の取引回数が増え、証券会社も見直す。コロナ禍で不要となった塾のモニターを自室に移動させ、トレードルームも構えた

  • 今後

    塾と投資、2足の草鞋で、金融リテラシーを伝えたい

    2020年は1年で約300万円の利益を出し株長者グランプリで特別賞。兼業投資家として将来は保護者にも投資の知識を伝えたい

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

私は学習塾を経営しているのですが、2018年に行った保護者会で、大学入試情報などとあわせて「お金」に関する情報提供も行いました。多くの保護者にとって悩みの種である今後の教育費。少しでも助けになればと考え、銀行や証券会社の方を講師に招いて「ジュニアNISA」や「住宅ローン」に関するセミナーを開いたのです。そこで基本的な知識を保護者のみなさんに共有する中、個人としては、証券会社とのつながりができ、そこで初めて中長期トレードをスタートさせたのです。とは言え当時の私はというと、株式投資に関する知識は、ほとんど無し。担当者にお勧めされるがままに、個別の銘柄を購入していました。幸か不幸か、年間数万円程度の利益を獲得できていたのですが、実際になぜ利確できたのかは全くわからず。「運だけで利確」という、今考えるとかなり無謀なことをしていました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

2019年に大きな話題となった「老後2000万円問題」。自分の場合は果たしてどうなんだろうか、と気になり、ねんきん定期便を調べてみると、自営業であり、かつ長期的に病気の治療が必要な私は、年金だけでは不十分であることがわかりました。試算してみると、月に5万〜10万円足りなくなる計算です。このままではまずいと思い、新しいビジネスの可能性も探ってはみたものの簡単にはうまくいかず……。そこで投資に本腰を入れてみようと考えるようになりました。

その後は、証券口座が主催するセミナーなど、片っ端から受けられるものは受けてみたのですが、チャートの見方や銘柄の選び方など肝心な話はいつも結局学べず。そんな頃、ファイナンシャルアカデミーの存在を知り、株式投資スクールの体験セミナーを受講してみることにしました。今では私にとって当たり前の用語ですが、「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」、「もちあい」など基本中の基本を丁寧にわかりやすく教えてくれ、体験セミナーを受講してすぐにスクールの入学を決めました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

入学したのは2020年3月。当初は教室での受講を想定していたのですが、ちょうどコロナ直撃で、講座はオンラインに切り替わってしまいました。ただ実際に受講してみると、チャットで気軽に質問ができ、結果的にはオンラインの方が自分にとっては良かったなと感じています。Zoomでの授業のほか、藤川先生の声に癒されながら、動画授業も活用しています。

私がいま主軸に置いている投資は「デイトレ」です。ある講義でたまたま先生から「その日中に利確できる方法がある」と聞き、興味を持ちました。ファイナンシャルアカデミーの授業は、中長期投資を中心にしていますが、私のスタイルでも基礎知識はもちろん役に立ちますし、「銘柄選び」や「日足、分足、移動平均線の見方」などは、特に参考になりました。全ての習い事に共通することだと思いますが「授業で学んだこと」をまずは着実に身につけ、基礎を固めること。その上で、日々急変する市場状況に対応するため、回復できる程度の痛みに耐えながら、自分なりの工夫を積み重ね継続することが最も重要だと感じています。

今後目指していく未来

近い将来、経営している学習塾の保護者に、資産運用について指導できればと考えています。多くの人が感じる「減ったらどうしよう」という恐怖は、知識不足に起因していますし、知識をつけることで各家庭の手助けになればと思っています。目指すは、運用益で塾の授業料が支払える「実質0円学習塾」です。

あなたにとってお金とは?

「火」のように、正しい使い方と量を間違えると大やけどをするもの。
でも正しく使えば、料理も作れて冬に暖を取ることもできる、すばらしいもの。

株式投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る